ポーちゃん

今のたかしの一番のお気に入り、それは「カンフーパンダ」の「ポー」ちゃん。

ご飯を食べる時も、テレビを観ている時も、いつも横に置いてはさわったはります。

で、寝る時なんですが、一度一緒の枕で寝た朝、ポーちゃんが行方不明になりました。

たかしは半泣きで「ポーちゃん、ポーちゃん、」と、学校に行くことも忘れて懸命の捜索活動。

結局あったのですが、それ以来、一緒に寝ることは止めることにしたようです。

で、どういうふうにして一緒に寝ているかと言うと。

b0049646_14395342.jpg

私のベッドのファーケットを留めるゴムに挟んではります


こうすると、ちょうどたかしの目の高さにぴったりくるそうです。


「ホンマ、かわいいもんが好きなんやなぁ」
「ちがう、ぼくはもうおっさんやし」
「ポーちゃんのこと、好きやん」
「あれはな、見てたらな、かあちゃんを思い出すからや」
「どの辺が?」
「ぜんたいてきに」
「どういう意味やな」
「かがみ、見てみたら」

素直に「かわいいもの好き」やと認めればいいのに。

確かに体型は似てるけど。

喜んでいいのか、怒ればいいのか。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/10083581
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2008-12-24 14:48 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)