法要

8日は、母の祥月命日でした。

京都で母の三回忌と、父と弟の十三回忌の法要がありました。

2時間かけて帰洛し、お経を読んで、そしてまた2時間かけて帰ってきました。


帰ってきてから、たかしが「ぼくのかぞく、かあちゃんと2人だけやな」と言うので「ホンマやなぁ」としみじみしていました。

「あ、でも、ぷうちゃんとぴーちゃんもいてるな」
「家族やな」
「じぃじと、ばぁばと、わーくんもいてはるから、これで7人や」
「そうやなぁ」
「あ、ひまくんと○ちゃんもいてるから、ぜんぶで9人かぞくや」

目に見える家族と、心で感じる家族。

たかしは、小さな仏壇にお供養のお饅頭をお供えしたはりました。

私は「やっと終わった」と、肩の荷が降りたようで、月曜日は1日寝ていました。

正直なところ、ちょっと疲れました。

やれやれです。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/10330876
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by スイミー at 2009-02-10 21:42 x
お疲れ様!大変だったでしょう。
ゆっくり、お休みください。
Commented by at 2009-02-12 08:35 x
昨日は我が家も夫の父親の祥月命日でした。
みんなで集まっただけですが、とても疲れてしまい
夕方からずっと寝てしまいました。
何度か起きましたが通算14時間ベッドの中にいました。

marurinさん、お疲れ様でした。
Commented by marurin373 at 2009-02-13 23:09
>スイミーさん
ありがとうございます。
今日もまだ疲れがとれずにいます。
Commented by marurin373 at 2009-02-13 23:11
>薫さん
私もずっと寝ています。
12日は1日中病院にいたので、よけいに疲れてしまいました。


by marurin373 | 2009-02-10 19:21 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(4)