最近、読める漢字が増えてきて、私がブログを書いていると横から覗き込んで読む人がいてはります。

しかし。

今夜は、私1人。

学童のお泊まり会だとかで、お留守なのです。


金曜日のこと。

1時間のドラえもんがあったのですが、たかしは、なんとはなしに見てはりました。

かいつまんで書くと、未来に戻ったドラえもんが、凶悪なロボットと身体が入れ替わってしまって、さあどうするどうする! といったお話でした。

たかしもおもちゃをさわりながら、見るでもなく見ない訳でもないような、そんな感じだと思っていました。

番組の終盤。

追いつめられた、身体は凶悪なロボットのままのドラえもん。

そこへ、のび太がやってきて、言います。

「君、ドラえもんだね?」

「うわーん!」

ドラえもんよりも先にたかしが泣いてしまわはりました。

あとは涙、涙、涙。

私も知らん顔をしていたのですが、あまりに泣くので「よかったな」と一言だけ、声をかけました。

たかしは「あー、ひさしぶりにテレビ見て泣いたわ」と、涙を拭いてはりました。


背も大きくなって、靴も22cmのを履くようになって、私のことを名前で呼ぶようになっても、たかしはたかしでした。



いてるとうるさいけど、いないと気が抜けたようになります。

もう寝てるやろなぁ。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/11922019
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2009-09-13 00:42 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)