パンダ先生

日曜日、東京にいてる友達が京都に帰ったはるということで、その友達と京都在住の友達が我が家に遊びに来てくれはりました。

たかしはこの友達たちが大好きなので、甘える甘える。

日頃私に飛びついたりできないので、飛びつく飛びつく。

(あ、この友達たちは男性です)

ババ抜きをしたり、7並べをしたり、ミニ人生ゲームをしたり。

「2人ではできひんあそび、したい」というたかしの要望に応えて、ずいぶんとトランプをしました。

夜は四川料理のお店へ。

予約して、テーブル席で、また「汁なし担々麺」をいただきました。


で、東京にいてはる方の友達が、ええもんをくれはりました。

b0049646_22365478.jpg

パンダ先生と、その周り


たかしは「パンダ先生、出してあげな、息ができひん」と言って出そうとしますが、蓋にちっちゃい穴が開いているのを発見。

これで一安心しはりました。


いつも、帰らはると、すんごい甘えたになったり、ワガママを言ったり、落ち込んだりしはります。

この夜は淋しい思いをしていたようです。

私は「また来てくれはるって」と、声をかけることしかできませんでした。


元はと言えば亡弟の友達たち。

それなのに、亡弟のことを話す時に、たかしがいちいち「おじ」と呼んでいたのがちょっと笑えました。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/12040753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2009-09-30 23:11 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)