家出 その2

たかしは、テレビを見てる時は本当に楽しそうに笑って見ています。

で、宿題となると、途端に不機嫌になり、りんごが食べたいだの眠いだのと、ぐだぐだになります。


先日もそんなたかしを叱っていたのですが、たかしが反論してきました。

「かあちゃんなんて、キライや。ぼくひとりで生きていけるし、でていけ」

で、風邪をひいている私は、寒い寒い夜の9時過ぎに家を出ました。

とりあえずミスドに行って、時間をつぶすことにしました。

たかしが15分の家出だったので、私は1時間、家を出ることに決めました。


1時間経って、家に戻ると、たかしはテレビを見ながら宿題をしていました。


昨晩。

たかしが「あの時は、ごめんなさい」と泣きながら謝ってきました。

「なんでもどってきたんか、やっとわかった。ぼくひとりでは、生きていけへんって。まだこどもやし、何にもできひんねん。そやし、ゆるして」

もう寝る時間だったので、そのまま寝かしました。

「もうぼくのところには、サンタさん、来はーらへんやろなぁ」
「わからんなぁ」
「かあちゃんにひどいこと言うたし」
「どうやろなぁ」

また泣くたかし。

24日の晩、私が先に寝てしまわないように、頑張らないと。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/12540852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by radi-spa.horie at 2009-12-23 09:16
師匠とはいえ、やっぱり可愛いもんですなぁ。
Commented by marurin373 at 2009-12-24 08:49
>radi-spa.horieさん
やっぱり、男の子って「おぼこい」ですね。
かわいいのはかわいいんですが・・・。
by marurin373 | 2009-12-22 16:12 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(2)