「生きる」こと

この前、私はもう本当に落ち込んでしまい、一人でわんわんと泣いていました。

そして「もう消えてしまいたい」と言った時。

「あのな、ぼくも消えてしまいたいて言うた時な、ぼくが消えたら心配してくれる人がいてるって教えてくれたん、かあちゃんやん。それを教えてくれた人がそんなこと言うて、どうすんのん」と、諭されました。

肩をぽんぽんと優しく叩き続け、なんでしんどいのかをとことんまで聞き、うんうんと頷き、そして一言。

「明日な、ぼくが熱出したことにして、会社休んで、ゆっくりし。ほな、もうねよか」

私はたかしの言う通りに会社を休み、1日中寝てストレスを発散させました。


「子供は早く大人にしたらあかんよ」と言われているのですが、親がこんなのなので、大人にならざるを得ないようです。

私がたかしに育てられているようで。


あかんなぁ、もっとしっかりせなな。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/14906020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by eriarie at 2011-02-13 14:42
いろいろあるのが人生だから。
休み休み行くのがよろし。
Commented by stretch_tongari at 2011-02-19 01:13
たかしくん しっかりとお母さんを守ってますね。
優しくて頼もしいじゃないですか!
私が子供にこんな事言われたら号泣してしまいそうです。
たまには弱音を吐いて落ち込んで、気持ちをリセットする必要があるんだと思います。

いい子に育ってますね。本当にそう思います。
Commented by marurin373 at 2011-02-20 17:53
>eriarieさん
いろいろありすぎて。
ちょっと疲れているのかもしれませんね。
Commented by marurin373 at 2011-02-20 17:54
>stretch_tongariさん
たかしの一言で、余計に泣いてしまいました。
どっちが親なのか、わかりませんね。
by marurin373 | 2011-02-13 14:23 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(4)