言い分

たかしは、この1週間、学校を休んでいました。

この「登校拒否」は、5年生の3学期頃から始まりました。

曰く「人と接するのがイヤ」

曰く「人が怖い」

曰く「外が怖い」

そして、私が最も聞きたくない言葉。

曰く「もう死にたい」

これ以上「自死」とは無関係でいたいので、最後にたかしが「死にたい」と言った時は、ほっぺたを平手打ちしました。

たかしは「何」から逃げているのか。

明日は行くと言い、用意もしていましたが、どうなることかわかりません。

かあちゃんも辛いんえ・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/18226259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by stretch_tongari at 2012-05-02 09:42
たかしくん頑張れ!
人は怖いかもしれない! でも、1人じゃいられない!
助けてくれるのも人だし、守っていくのも人!
ここで逃げたら、この先待っている未来を切り開けないぞ!

君をこの世に送り出してくれたお母さんに、悲しい想いをさせないで!
Commented by marurin373 at 2012-05-04 19:01
>stretch_tongariさん
コメントを戴いて、涙が出てきました。
なんとか踏ん張ってほしいものです。
Commented by stretch_tongari at 2012-05-05 22:21
私も子供のころ、誰に腹を立てているのかわからず、何にイライラしているのかわからず、でも何をしても嫌な事ばかりと思った時期がありました。
私なんか居なくなっても誰も悲しくなんかないんだ…って思ってました。
今思えばなんであんな事考えたのでしょう?
不思議で仕方ありません。

いわゆる思春期と反抗期なんでしょうか?

うちの子達にもそういう時期が来るのでしょうね。
分かっていても子供のそういう状態を見るのは悲しいですね。
親にとっても試練の時ですね。

頑張って下さい。
Commented by marurin373 at 2012-05-07 15:29
>stretch_tongariさん
身体の成長と心の成長が伴ってなくて、自分でも制御できてないみたいです。
担任の先生も家庭訪問の時に「以前は中学生がそうやったけど、今は小学生がそういう状態です」て言うたはりました。

私も更年期に入り、同じような感じなので、何かとぶつかってしまいます。

でも頑張ります。
by marurin373 | 2012-05-02 01:28 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(4)