一歩前進

入院の日の事。

私が、わりと特殊な薬を持ってくるのをすっかり忘れてしまいました。

担当の医師には「ご家族の方に持って来てもらってくださいと」無理なことを言われるし。

困っていたら、たかしが突然

「オレが取りに帰ったらええんやろ」

と、言い出しました。

ここは、西の端。
家は、東の端。

往復したら、4時間はかかります。

とにかく、行きも帰りも「三ノ宮」と書いてある方の電車に乗ること、寝ない事を口やかましく言うと、

「かあちゃん、オレの事、なめてるんか?」

と言い残して去って行きました。

その後、何度かメールや携帯で話したりして、無事親戚ん家に帰宅。

翌朝、ちゃんとお薬を持って来てくれました。

なんか、この入院で、たかしがお兄ちゃんになったような気がします。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/18850979
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by eriarie at 2012-08-19 22:45
頼もしいね。
お母さん守るのは自分しかいない、ってすごい自覚があるんだろうな。
何があっても今の親孝行で辛抱できそう。
Commented by marurin373 at 2012-08-20 20:10
>eriarieさん
それが、たかしの負担にならなければいいのですが…。
by marurin373 | 2012-08-19 11:05 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(2)