蛇足・卒業式

いつも思うのですが、子供の洋服って、断然女の子の方が選び甲斐がありそうです。

ウチのたかしは、いろいろ難癖つけるクセに、同じのをいつまでも着ていたり。

そうあんまりいつもいつも同じ服着んでも・・・と思い、買って来ても「そんなん、着ーひん」で玉砕。

最近では、たかしが着なかった服を私が着ております。


で、卒業式なんですが、男の子は、だいたいがV字のセーターに綿パン、たまにネクタイって感じでした。

中にはきちんとスーツの子もいたり。

でも、女の子は、違います。

なんかもう、「みんなAK○?」て感じで。

チェックの短いふりふりのスカートで、丈の短いジャケット、スカートと同じ柄のスカーフで、みんな黒いオーバーニーソックス。

こんな子がいーっぱい、いてはりました。

独りだけ、パンツスーツの子がいて、この子が一番格好良かったです。
スタイルも抜群やったし。


今日は中学で履いて行く靴を買いに行ったのですが、ジュニアのコーナーは、女の子のスーツはもうみんな同じようなのばかり。

男の子は、ま、小綺麗にしてたらよしとするか、てな感じ。

オシャレのし甲斐もあるんでしょうが、流行なんですね・・・。


蛇足の蛇足ながら、たかしが買った真っ白の靴のサイズは、27センチでした。

「ぶっとい手足は、でっかくなるしるし」と「動物のお医者さん」でも書いてあったっけ。

「バカの大足、間抜けの小足、中途半端のろくでなし」なんて言葉も思い出しましたが。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/20202056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2013-03-25 21:17 | 思うこととかなど | Trackback | Comments(0)