くちなしの花

私は、両手で5つ、指輪をはめています。

どれも「ごっつい」ものばかり。

これはコンプレックスからくるものです。

私の手はなんか妙に細くて、全然かわいくありません。

小さい頃、二段ベットの上で寝ていた私の手が垂れ下がっているのを見た父が「悪いけど、ちょっと気持ち悪いし、上へ上げて」と、母に頼んでいるという話を聞いてから、私は自分の手が大嫌いになりました。

それでカモフラージュする為に、指輪を着けているのです。

元々アクセサリーは好きやったし、指輪の他にも、ピアスもネックレスも着けています。


そんな指輪好きな私の小指にはめていた指輪が、無くなりました。

どこを探してもありません。

それで、なんかいいの売ってないかなぁと、仕事帰りに小規模ショッピングセンターに行きました。

ずーっと巡ったのですが、どこもなし。

諦めかけた時、奥の方にアクセサリー屋さんを発見。

そこは、主に「石」を扱うお店でした。

誕生石を見てみると、1980円でありました。

11月生まれの私の誕生石は、「シトリン」という、あんまりぱっとしない石でした。

しかし、はめてみると、ぴったり!

店員さんも「これが入ったお客さんは、初めです」と言うてはりました。

サイズは、3号。

でも、やっぱり地味やし、たかしの誕生石である7月のルビーで3号を探してもらいました。

もう生産は中止されていて、いまある在庫しかないそうです。

で、ルビーの3号がありました!

全部の中で、3号があったのは、シトリンとルビーだけだったそうです。

で、二重に着けることにしました。

b0049646_23381998.jpg

こんな感じになりました


もうゆるゆるしないし、ぴったりなので巡った甲斐がありました。

今では指輪も回る程、痩せてやつれた・・・ではありませんが、太っても指はちょっとサイズが大きくなるくらいです。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/20850593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2013-08-13 23:46 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)