「ムシ」の訳

19日に行ったお医者さんで、物心ついてから初めての採血をしてもらい、検査をしてもらいました。

それはそれは、もう大騒ぎで。

「ちくっとしますって言わはったけど、ちくっと違て、もっと痛かった!」
「すっごいたくさん血抜かれたし、なんかふらふらしてきた」
「オレ、あんなに血抜かれたから、しばらくは立てへんと思う」

はいはい。

かあちゃんなんかなー、上腕にゴムの管を巻かはる時に、もう既に親指を中に入れて「ぐー」してるもん。

そんな自慢は別として、昨日の午前中に結果を訊きに行ってきました。

「夕方でいいやん」と、たかしは言うのですが、それやと、下校時間と重なり、生徒さんに会うかも知れません。

そういうと、やっと重い腰を上げて「ほな、行ったげよか」と。

なんでそんなに「超上から目線」なのか全くわかりませんが、ま、行っていただきました。

結果は、血液検査では、少し甲状腺機能が低下してるそうで。

それであんなにしんどそうやったんか!

しかし、先生が言わはるには「でも、病名にする程の数値じゃないし、やっぱり精神的な事の方が大きいと思うので、安定剤を飲んで、甲状腺と一緒に、様子を見ていきましょか」とのことでした。

私が一番気にしていた尿検査では、タンパクも血液も出てなくて、腎臓はいたって健康でした。

でも、家に帰って血液検査の表を見てみたら、どれも「一応基準値やけどね」といった感じでした。

「これなら食べられる」と言う「おにぎり」を食べて、説得して、説得して、説得して、安定剤を飲まはりました。

お医者さん(女医さんです)に「太陽の光、浴びてる?」と訊かれて「朝、庭に出てみました」としか答えられず、私もホンマにずっと家にこもっているなぁと、しみじみ思いました。

今のたかしは、食欲もなく、寝られず、ひょろろ〜んとしています。

私はめちゃくちゃに心配してるんですが、今回はちょっと「見守る」をしようと思っています。

甲状腺機能の低下のツラさは、私も本当によくわかるので「なんか食べたい」と言えば、とにかく食べられそうなものを食べさせて、寝てたら寝かせといて、復活を待ってみることにしました。

気分転換に買物に行こか、と誘ってみましたが「学校休んでて、お医者さんに行くのはええけど、買いもんとかに行くのはあかんと思う」と言うので、私だけちょこっと出掛けました。

ずーっと2人でいると、息が詰まるというか、つまらないことで喧嘩したりしてしまうし、なんといっても、思春期と更年期バトルの真っ最中なので、お互い1人になりたい時があってもええんちゃうかな、と思って、私1人で出掛けることにしました。

だんだんと近くを見る為の老眼鏡の度が合わなくなってきていたので、またゴルチエのフレームで近く用のメガネを作って帰ってきました。

それと、ポストが金属ではない、ピアス。

私の物を買うのは、サイズが合わなくなって(痩せたからね)、仕方なく買った990円のジーンズ以来。

これくらい自分にお金使ってもええよな、と自問自答しつつ、ちょこっと買いもんをして帰ってきたら、たかしは携帯を握りしめて寝てはりました。

案の定、夜中に目が覚めてしまい「かあちゃん、お腹すいた」と言うので、たらこのパスタを作って、少しですが、食べたはりました。

あれだけ大食漢やったのに、あんまり食べないとなると、本当に心配になります。


さぁ。

今日は、私が病院に行く日です。

そろそろ出掛けます。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/21141706
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2013-09-26 09:48 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)