タバスコ

夏。

たかしが私に訴えかけてきました。

「蚊にくわれたところ、バッテンしてんけど、"かゆみとバイバイ"見つからへんかったし、タバスコ塗ったら、すんごいしみた〜」

「かゆみとバイバイ」とは、たかしがまだまだ小さい頃に買ったことのある痒み止めです。

毎年「新ウナコーワクール」を買っているのにも拘わらず、たかしは「かゆみとバイバイ」と呼びます。


まだまだテレビが、ばったんばったんとチャンネルを回していた頃。

新もの好きな亡父が、リモコンの付いたテレビを買ってきました。

その名も「ズバコン」。

リモコンには、ふたつしかボタンはなく、ひとつは「入/切」で、あとひとつは「チャンネルを回す」でした。

4chから6chに変える時はいいのですが、なんせ一方方向にしか回らないので、6chから4chにする時はもう、「ばっこんばっこん」と回り、立って回した方が早いんちゃうやろか、と子供心に思っていました。

亡父は、その後も何台も買い替えたにも拘わらず、テレビのリモコンのことを、ずっと「ズバコン」と呼び続けました。

なので「ズバコン、取って」と言われると、普通に「リモコン」を渡していました。

なんかこんなところで、亡父のことを思い出しました。

「かゆみとバイバイ」にしろ、「ズバコン」にしろ、我が家でしか通じないローカルルールです。

大きくなってから、恥をかかなければいいのですが。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/21214617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2013-10-05 01:23 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)