そういえば

今から48年前の10月10日は、私の両親が結婚した日でありました。

「結婚してから祝日になった」と、いつも言うてました。

私の両親は、婚姻関係が破綻していたにも拘らず、最終的には離婚はせずに、死別しました。

亡父が最期に入院していた時、亡母がドライシャンプーをした時に「ああ、こんな事してくれるのは、お前なんやなぁ。ありがとう、ありがとう」と言うてたそうです。

亡母は「今まで、"ありがとう"なんて言われた事もないさかい、気色悪かった」と言うてました。

「今まで、そんな事も言うた事もない人が、ありがとうとか言い出したら、もう危ないんやな」とも。

亡くなってからもそんな事しか言わなかった亡母。


5月に父方の伯父が亡くなって「最期のお別れ」の時に、伯母が「お父さん、大好きよ、愛してるよ、」と声をかけてはるのを見て、羨ましかったです。


「児童虐待」の事を知った時、初めて私自身が虐待され、両親が「毒親」だということを知りました。

亡父からは、暴力、過度な束縛、亡母はネグレクトと、暴力を私に与えていました。

精神的にも、肉体的にも暴力を受けて育った私は、それが当たり前だと思っていたので、モラハラの元オットに対しても、当たり前だと思っていました。


「虐待は連鎖する」と聞きます。

もしかしたら、たかしが異性の息子なので、そんな事はないのかも知れませんが、同性の娘だったら。

考えると、恐ろしいです。


「朝焼けは ひつじかいの心配」
「夕焼けは ひつじかいの安心」

今日は、雨が降りそうです。
関節も傷むし。


しかし「毒親」ってネーミング、ショックな呼び方です。







 
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/21258075
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2013-10-11 07:04 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)