孤独

たかしが入院中、ずっと抱いていたのは「孤独感」でした。

2人しかいない、同じ病室の女の子が疎ましかった原因の1つに「毎朝おばあちゃんやおじいちゃん、両親が来て騒ぐ」という事が大きな原因でした。

女の子には「いつも誰かがいてくれたはる」のに、たかしの元には「かあちゃんしか来ない」ことが、すっごく淋しかったようです。

病気でしんどくても誰にも声をかけてもらえない、淋しさ。

なので私の携帯には朝の7時から「いつ来れる?」というメールが、たくさんたくさん届いていました。


以前からそうなのですが、私が出掛ける時は必ず「いつ帰ってくる?」と訊いてきます。

なのでいつも「これから帰るメール」を送っています。


一人っ子なので、独り遊びもできるのですが、他の事で遊びたくても、いつも相手は「かあちゃんしか」いない。

ま、もうじき、かあちゃんの事がうるさくて「独りになりたい」と言い出すとは思いますが。













[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/21465703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2013-11-14 20:28 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)