心に留め置くべき事 その1

いくら浮かれていても、自転車で「お寿司」を買いに行ってはいけない。

しかも24カンも入っている大きな平たいものは、カゴにも入らない。

袋に入れてもらって、腕に掛けて自転車に乗っても、ゆらゆらして、必ずどちらかに傾く。

そして、それらのお寿司達がまとまって、ひとつの団子状になる。

仕方なく自転車を押して歩いても、漕ぐには快適な電動アシスト自転車は、重い。

家に帰り、季節外れの汗をかき、その団子状のご飯の一塊をひとつひとつ取り分け、なんとか「シャリ」と呼べるべきものに仕立て上げ、そして上に「具」である平たい海産物を乗せていく頃には、汗と共に涙も出そうになる。

そして改めて思い知る事になる。

「年甲斐もない」とは、こういう事を言うものだ、と。














[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/21477962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2013-11-17 01:12 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)