笑う

たかしは、本当に面白そうに笑います。

それはそれは本当に面白そうに。

その笑い声が、あまりにも面白そうなので、その声につられてこちらも笑えてしまうほどです。


反対に、私はあまり声を上げて笑うことはありません。

小さい頃からそんな子供だったそうです。

亡母が「弟はホンマに面白そうに笑うけど、あんたは赤ちゃんの頃から"にぃー"と笑うだけで、面白そうに笑うことなんか、ちっともなかった」と言うておりました。

そんな亡弟も、本当に面白そうに笑っておりましたが、たかしがその遺伝子を受け継いだみたいです。

(遺伝ではなく、呪いかもしれませんが)


年末から三が日にかけて、たかしの大きな笑い声を聞いていると、なんか今年もどうにかなりそうな気がしてきます。

昨年もいろいろとあったので、今年こそ、何にもない年になることを望みます。

皆様の叱咤激励、どうぞよろしくお願いします。












[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/21786036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by stretch_tongari at 2014-01-03 22:19
笑う門には福来たる!

私も子供達の笑い声を聞いているとつられて笑ってしまいます。
どこに出かけたとか、どんな物を食べたとかなくても、こういう時間が幸せなんだな~と思います。
Commented by marurin373 at 2014-01-03 23:47
>stretch_tongariさん
本当にそうですよね!
私も、つらいこととかたくさんあっても、たかしが笑ってたら、なんかしんどいことも忘れることができます。
by marurin373 | 2014-01-03 21:47 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(2)