いつからか

いつの頃からか、たかしは学校に行かなくなりました。

本人は「行きたのうて、休んでるやない、行きたいのに、しんどうて行けへんのや」と言います。

あと数時間したら、始業式です。

6日は「頭が痛い」「お腹が痛い」と言って、早めに寝てしまわはりました。

担任の先生にも「冬休みの宿題も別にええから、顔見せに来るだけでもおいで」とのお電話をいただきました。

それが、またプレッシャーやったようで。

私も早めに寝たのですが、夜中に目が覚めてしまい、いろいろ考えていたら寝られなくなってしまいました。

行くんやろうか。

また休むんやろうか。

縄跳びの輪の中に入れずに躊躇している状態の、たかし。

もう、親としてどんな声をかけていいのか、私にはわかりません。


最近のたかしは、全てのことに対して「もうええねん」と言います。

諦めたような、自暴自棄になっているというか。

叱ることでもなさそうやし、ここで、またやいのやいの言うと状況がこんがらがるような気もします。

たかしもしんどそうです。

私もそんなたかしを見ていると、辛いです。

「学校へ行く」ということが、当たり前になるまで、私も辛抱です。

何がひっかかってるんやろうなぁ・・・。
















[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/21809118
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2014-01-07 02:29 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)