おおきくなったら

たかしは、小さい頃・・・保育園くらいまで「オレは、おおきくなったら、おいしゃさんになる。ほんで、かあちゃんのびょうきを、なおしたげる」と、涙が出そうなことを言うてました。


今夜の晩ご飯の時、たかしに「大きなったら、お医者さんになって、かあちゃんの病気治したげる、とか言うてたん、どうなったん?」と訊いてみました。

そしたら。

「いや、オレな、小3ぐらいまではそう思てたんやけどな、もしオレがお医者さんになっても、その頃はもう、かあちゃん死んでるな、と思て、辞めた」だと。

「生きてるもん!」と反論したら「もう、オレの学力では無理やし。結局、お医者さんにはなれへん」との結論。


悲しい・・・。

死んでるかもしれへんのも、お医者さんにはなれへん学力も、悲し過ぎる・・・。













[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/21840016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2014-01-13 20:01 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)