回復

昨日は、たかしが、いつも私が診てもろてる先生に診てもらう日でした。

先週行った時に、先生が「いつまでも、ずるずるとひきずることがあるから、いつでもええし連れておいで」と言うてくれはったのです。

すぐにたかしに連絡すると「病院行く」との返事だったので、予約を取って、昨日診てもろたのでした。

血液検査がある、と言うと、もう大騒ぎです。

「そんなん、ちくっとしはるだけやん」
「ちがう! ぢぐっとする!」
「かあちゃんなんか、もう痛くもないえ」
「それは、鈍感なだけや」
「ん〜、慣れただけちゃうやろか」
「いばることとちゃう」

で、たかしの言うには「ちくっとしますねーって言わはるけど、やっぱり、ぢぐっとした」
「ホンマ、大袈裟やなぁ」
「なんかふらふらする」
「行きしな、ラーメン食べたやん」
「あ、そうか」

で、結果なのですが、ちょっと数値が高かったのですが許容範囲だそうで、先生に
「もう、肝臓、どうもないから、明日から学校行ってもええよ〜」とのお言葉をいただきました。

「しんどい」とか「だるい」とか、なかなかわかりませんが、血液検査とかしてもらって「数値」にしてもらうことで、その「しんどさ」がわかるもんやなぁと、つくづく思いました。

たかしは「あ〜よかった。月曜から、学校行こかな」と言いました。

「サボってるんやない、行きたいけど、しんどいだけや」の言葉はホンマやったようです。

「部活したいねん」
「学校に昼まで行って、それができるようになったらお弁当持って行って、体育もできるようになったら、それからやっと部活やな」
「いっぺんにして、またしんどなってもあかんしな」
「ちょっとづつな」

やっと小さな光が見えたような、1日でした。













[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/21855682
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2014-01-17 02:30 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)