緊張

さて。

もう、肝臓は悪くないとわかり「病気やから」という理由で学校を休むことが困難になった、たかし。

「休んだら、サボってるってことになるよなぁ・・・」
「ま、気楽に、ふら〜と行ったらいいやん」
「ん・・・」

たかしは、早朝に、やっと寝ました。

「そんな大変なこととちゃうやん」
「オレにとっては、大きいことやねん」
「先生も、気軽においでって言うたはったやん」
「ん・・・わかってるんやけど、それでも、しんどいねん」
「しんどいのは、なかなか治らへんもんなぁ」
「かあちゃんだけは、わかってな」
「何を?」
「オレが、行きたいのに、なんでか行けへんってこと」
「わかってるけど・・・」

そんな事を深夜になっても言い続けるので、緊張していることもあり、全く眠れなかったようです。

難しい、の一言です。











[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/21877343
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by stretch_tongari at 2014-01-21 08:38
長くお休みしちゃうと難しいのかな?
きっかけみたいのがほしいのかな?
またお友達が迎えに来てくれるといいですね。
Commented by marurin373 at 2014-01-22 03:38
> stretch_tongariさん
本当に難しいみたいです・・・
「エスカレーターにうまく乗れへんくて、後ろの人に迷惑かけるから、すっごい焦ってるけど、乗れへん状態」と言うてました。
ややこしいです。
by marurin373 | 2014-01-20 05:35 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(2)