ともだち

昨日、たかしに例の「漢」の友達が、我が家に来てくれはりました。

「お前、目も顔も死んでるぞ」
「あぁ・・・」
「教室の席な、隣同士やねんぞ」
「あ、そうなん」
「もう、絶対に来いよ」
「うん・・・」
「3月に、校外学習あって、それも同じ班やねん」
「そうなん」
「そやしな、もういい加減来い」
「頑張るわ」

耳をそばだてて聞いていたのですが、私が100話したとしても、友達の1くらいしか説得力がありません。

その後「あー、なんか吹っ切れた! 来月から行くわ」
と、叫んでいました。

さて、どうなることやら」

「待て」をされている、かあちゃんも、そろそろ限界です。
















[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/21960265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2014-01-31 04:14 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)