スヌーピー

たかしは、2月1日に梅田まで行き、亡弟の友達に会いに行ってきました。

独りで梅田まで行くなんて、たかしにとっては初めてのこと。

「何遍も行ってるやんか」
「いっつも付いていってるだけやし」
「終点までなんやから、寝てても平気やし」
「どうもないかなぁ・・・」

「梅田でどこに行きたい?」と訊かれていたのですが、たかしは梅田に何があるのかかが、まずわかっていません。

「う〜ん、ヨドバシと・・・」
「キディランドのスヌーピーのお店行ってきてーな」
「いやや、そんなとこ」

で、お昼過ぎに電話があり「そろそろ帰るらしい」と。

ちょっと待って。
私もキディランド行きたいし。

「かあちゃんも行くさかいに、待ってて」
「わかった〜」

手持ち無沙汰だったようです。

まさかと思っていましたが、本当に、キディランドのスヌーピーのお店に行ってくれて、小銭入れを買ってくれていました。

「ホンマに買うてくれたん?!」
「うん」
「ありがとう〜」

「それと、これ」

スヌーピーの携帯クリーナーでした。

私は、どうしても私となら感情的になってしまい、上手く話しができないと思い、その友達に、たかしのいろいろな事を聞いてやってほしいと頼んでいたのです。

思いのほかいろいろと話したそうで、やっぱり男同士というのも必要やなぁと思いました。


そして。

3日から、たかしは毎日学校に行くようになりました。

お弁当を作るのは大変ですが、嬉しい大変です。

ゆっくりゆっくり、復帰してほしいです。




「ソチオリンピック」。

どうしても「そちも悪じゃのう」と、悪い悪代官の台詞に聞こえてしまいます。


私はちょっと浮腫がひどく、体調を崩しています。

















[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/22007001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2014-02-06 23:42 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)