やきそば

昨年、たかしが入院していた時のこと。

全く食べないたかしに、女医さんが「何やったらたべられる?」と尋ねはりました。

そしたら、たかしは「かあちゃんのやきそば」と答えました。

私は、そんなたかしの言葉を聞き、本当に家で作って、デイルームにあった電子レンジで温めて食べてもらおうと思いました。

しかし個室に入った途端、食欲も無事戻り、病院に「かあちゃんのやきそば」を持っていくことなく、退院しました。


今でも、週のうちに2日は、やきそばを食べはります。

その日は決まって、学校で何かあった時。

やきそばを食べ終わった後で「今日な、」と語り出すのです。


たかしがやきそばを食べる量は、3袋です。

ちょうどスーパーで売っている3袋入りのやきそばを、全部食べはります。

幸いなことに自社ブランドのやきそばが98円で売っているので、豚の細切れとキャベツがあれば、すぐにできます。

我が家の冷蔵庫にはキャベツと、豚の細切れと、やきそばが常備されています。

どこがおいしいんかわかりませんが、取り敢えず、たかしにとって「かあちゃんのやきそば」は、トランキライザーになっているみたいです。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/22290578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by stretch_tongari at 2014-03-19 11:35
すごい食欲ですね\(◎o◎)/!
男の子も中学生になるとそんなに食べるのでしょうか…

今から恐ろしいです。
Commented by marurin373 at 2014-03-24 02:52
>stretch_tongariさん
男の子は、食物の「単位」が変わると聞いています。
パンは「1斤」ご飯は「1升」お肉は「kg」になるそうです。
ま、元気な証拠なので、よしとしていますが、エンゲル係数が高くなるぱかりです。
by marurin373 | 2014-03-19 06:39 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(2)