なんでやろ

バス停でバスを待っている時、買い物に行く時、コンビニに行く時、手紙をポストに入れに行く時。

たかしと同じ学年の生徒さん達が、部活終わりで体操服を着て歩いてはります。

そんな時「なんでたかしはあの輪に入って行けへんのやろう」と胸が痛くなります。

宿題もしないし、もしかしたら2学期も行く気がないのかもしれません。

先日は、私一人でたかしの主治医の先生に、どう接したらよいか、どんな言葉をかけたらよいか、など訊いてきました。

まず、たかしが「しんどい」と言った時。
「ふーん、なるほど、そっかそっか」と受け入れる。

次に、また「しんどい」と言った時は「それから? どうしたの? 他には?」と、訊く。

最後に「しんどい」と言った時には「たかしの気持ちはよくわかるよ」と、あくまでも「受容」していく言葉を教えていただきました。

精神的にしんどいのであれば、小児科専門の心療内科に行ってもらうことになるかもしれない、と言われました。

腎炎もあるのでしんどいのかもしれませんが、その点は私もよーくわかるので、叱らず、焦らず、受け入れていかなければいけません。

私もたかしの病気のことをもっと知っていく必要がありそうです。

しんどい夏になりそうです。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/23107884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2014-08-07 07:08 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)