絹通しの蚊

8月も終わり頃になって、いろんな虫が減ってきたように思います。

中でも、蚊。

私は、小さいころから、本当に蚊が嫌いで、でも好かれていて、そこら中刺されまくっていました。

「できれば"キンカン"のお風呂に入りたい」と思う事もしばしば。

我が家が鴨川に近かったせいか、蚊も多かったのです。

で、今頃になって飛んできて、刺すような蚊を「絹通しの蚊」と言います。

根性があるというか、生き延びていたというか。

私が、蚊のことを悪く言うと、いつもたかしに叱られます。

たかし曰く「血を吸ったときに出してくるよだれが、血をさらさらにする効果があるから、脳梗塞の予防になる」と言うのです。

私は、まぁ、百歩譲って血は吸われてもいいけれど、後にあの痒みがやってくることが許せないのです。

キンカンのお風呂に入ったら、さぞかしひやひやするんやろうなぁ。

と、トンボを見て、もう季節は進んでいるなぁと思いつつ、蚊に刺された腕をぼりぼりと掻きつつ、洗濯物を干していたのでした。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/23242933
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2014-08-25 16:29 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)