8月の30日、朝一のトイレでひどい排尿痛。

しかも、ひどい出血。

私は子宮を全摘しているので、強制終了しているし、更年期でもあるので、どこからの出血かが絞り出せます。

で、その日は水分をたくさん摂って、トイレに行きました。

でも、その後も朝一は必ずひどい排尿痛と、かなりの鮮血の出血。

取り敢えず内科に行きました。

そしたら「泌尿器科に行くように」とのことだったので、久し振りに泌尿器科に行ってきました。

レントゲンとエコーの検査をしてもらうと、何かが写っていました。

「内視鏡をしましょう」と言われ、土曜日に内視鏡での検査を受けてきました。

そしたら「何か」が、膀胱の出口にありました。

石ではないといわれましたが、これはどうやらポリープらしきものらしいのです。

「これが大きくなって、尿道を塞ぐようなら内視鏡で取りましょう」ということで、その日は終わり。

1ヶ月くらいしたら、また内視鏡の検査です。

ちっちゃくなればいいのですが・・・。

何かと病院と縁が切れません。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/23383859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2014-09-15 03:14 | 病気のこと | Trackback | Comments(0)