プリン

私は、両股関節と両膝の骨が壊死しているので、とにかく負担をかけないようにしないといけません。

それには、減量せなあかんと、どの整形の先生も言わはります。

で、ダイエットの日々を送っています。


先日の16日のこと。

いつものように、私が「プリン食べたい〜」と声なき声をあげて呻いていたら、たかしが「かあちゃん、今日くらいはプリン食べてもええんちゃうのん? 誕生日なんやし」と、半ば呆れた顔で私に言うのです。

「ホンマ?」
「うん、今日くらいはええと思うで」
「ほな、早速買うて来るわ!」
「誕生日と、クリスマスと、お正月と、あとは・・・七夕の日は、なんも我慢することないやん」
「・・・七夕?」
「いや、かあちゃんのイベント、全部冬やし、夏にもなんかイベントないかと思て」
「たかしの誕生日があるやん」
「その日は、2人で好きなもん、食べよか」
「プリン買うてくる!」

私は電動の自転車で近くのコンビニに行き、大好きなプリンを買い、たかしにもお菓子を買って帰りました。

家に着くや否や、すぐに食べて、至福のひと時を味わっていると、たかしに「おいしいか?」と訊かれました。

「めっちゃ美味しい!」
「よかったなぁ」
「でも、明日の分もと思て2つ買うてしもた」
「かあちゃん、誕生日は、今日だけやで」
「あかんの?」
「太って嘆いても、オレは知らんで」

確かに、体重は少しリバウンドしてしまいました。

でも確かに久し振りに食べるプリンは、美味しかったです。

次はクリスマスかぁ。

今年はケーキと違ごて、なんかちゃうもん食べたいなぁ。

10キロ痩せても、なかなか気付いてもらえませんが、20キロ痩せると、やっと「ちょっと痩せた?」と言われます。

足の為にも、頑張らないと。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/23766932
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2014-11-20 23:56 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)