忍び大爆笑

先日の「松本家の休日」を、たかしと観ていたのですが、松本の「ハロウインパーティの話」が私のツボにはまり、もうおかしくておかしくて、笑いたいのですが、もう夜中。

笑いを堪えて、しかし笑って、ということをしていると、なんか私の喉元から「ひゅ〜ひゅ〜」という変な音が出てきました。

その音を聞いて、たかしが「かあちゃん、どうもないか?」と心配するのですが、もう笑いを堪えることができず、夜中に「ひゅ〜ひゅ〜」と、不思議な音をさせていました。

その2日前くらいに、近くの駅ナカにカレー屋さんができるとかで、そちらの方らしき人がチラシを配ってはって、私には「できたよ〜来てね〜」と言わはりつつ、2枚もらった、という「前振り」があったので、余計におかしかったのです。


その後。

たかしが「インド人」という度に「ひゅ〜ひゅ〜」と言うので、さすがにたかしも怖くなり、私にはNGワードとなってしまいました。

でもまた見たくて、お昼にYouTubeで検索してみました。

そしたら、ちゃんとヒットしたので、また見たのですが、やっぱりおかしくて、私はまた「ひゅ〜ひゅ〜」言わせてました。

たかしがしんみりと「かあちゃんも、笑うねんな」と言うので、なんかいなと思ってよく聞くと、どうも私はあんまり笑わないと思われていたみたいです。

「ノンスタイル見ても、流れ星見ても、おもしろいな、とは言うけど、そんなに笑わへんし、かあちゃんはもう笑わへんのやと思てた」
「そら、かあちゃんでも笑うわいな」
「いろんなつらいこと、経験してるし、もう笑えへんのかなぁと思っててん」
「いや、まぁそんな時期もあったけどな」
「よかったぁ。かあちゃんが笑ろてくれて」
「そんな大層なもんちゃうやん」
「いや、安心したわ」
「そうか?」
「うん、ほんまに、よかった」

たかしは、なんかすっごく喜んでいました。

で、またYouTubeで見せられて「ひゅ〜ひゅ〜」言わされてます。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/23824297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2014-12-03 02:37 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)