バイキン

小学校の時ならいざ知らず、中学生になったら絶対に、私に「見せる」ことなどないものを見ました。

たかしがお風呂に入りました。

で、しばらくして、たかしが「かあちゃ〜ん、ちょっと来て!」と叫ぶので、何かいなと思いつつ、お風呂場に。

入浴剤を新しくしたので、多分そのクレームだと思い「何?」とたかしのところに行くと、なんと。

「あのな、ちんちんにニキビできたんかと思てな、芯出したら、白いのが出てな、血も出てきてん。どうしよ・・・」
「それって、バイキン入ったんちゃうの?」
「ちんちん、腐るんやろか?」
「放っといたら、腐るかもな」
「えぇ〜」
「明日、皮膚科行かなあかんな」
「・・・そうするわ・・・」

口の周りのニキビが膿んだり、ひどいニキビができても、絶対に皮膚科には行かなかったのに、やはり「腐る」のは怖いらしく、案外素直に皮膚科に行かはりました。

そしたら、やはり「痒くて掻いてて、そこにバイキンが入った」そうです。

ちゃんと飲み薬も飲み、塗り薬も塗り、一週間後にまた行くらしいのですが、治癒に向けて頑張ったはります。

しかし・・・。

中学2年の息子の「大事なとこ」を見ることになるとは・・・。

私の方が恥ずかしかったです。








[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/23998181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2015-01-23 23:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by marurin373 at 2015-01-27 06:01
>鍵コメさん
顔の真ん中に、でっかい悪ニキビができていて、それを診てもらうのを念頭に行かせたんです。「めんちょう」らなったら困るので。たかしは、素直なのか頑固なのか、未だにわかりません。



by marurin373 | 2015-01-12 02:52 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(2)