お向かいさん

我が家では、四畳半の部屋には不釣り合いな大きさのテーブルを使っていました。

もう、部屋いっぱいの、テーブルでした。

で、テーブルがあると、その上に物をどんどんと置いていくことになり、机の上が、もうわやくちゃになります。

そんな状況を打開すべく、いっそそのテーブルを捨てて「ダイニングこたつ」なるものに変えました。

私が椅子でないと座れないので、椅子に対応した「おこた」にしたのですが、思ったよりも足元がスースーせず、快適に過ごしております。


以前のテーブルでの座り位置は、私が端っこに座り、たかしが斜め横に座っていました。

でも、今の「おこた」は正方形なので、たかしが真向かいに座るようになりました。

何故か、椅子もお揃い。

それでもやっぱり狭いのですが、それなりに身の丈に合った過ごし方をしています。

真向かいに座るようになって、たかしとの会話が、なんかもう、どんどんと減ってきました。

直角に座っていた時既に、どんどんと減っていたので、向かいに顔を突き合わせて座っているので、仕方ありません。

でも、たかしも暖かいところが、いい。

同じ部屋にいることは増えたのですが、会話はぐんぐんと減っていきます。

私が喋っているのにも拘らず、イヤホンをしてYouTubeかなんか見て笑てるし、本当に頭にきます。

で、私が文句のひとつも言おうものなら、隣の部屋に行ってしまい、暖房をつけて過ごしたはります。

「・・・あ、オレなぁ・・・」
「何?」
「ぜっんぜん覚えてへんのやけどな、」
「うん」
「保育園の時な、」
「うん」
「なんか、大きなったら、じてんしゃのタイヤになりたい〜とかいうてた」
「タイヤのどこが魅力やったん?」
「・・・いや、もう今のオレには、もうわからん・・・」

そんな事を呟いて、隣の部屋に行ってしまいました。


ついさっき。

たかしをこっちの部屋に呼ぶ為に「戻ってくるかも」と思った、私の叫び。

「テレビ、お肉、たくさん出るよ〜」

こっちの部屋には、来ませんでした。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/24078697
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2015-02-01 00:27 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)