モード変換

先日、LINEで「そっちで研修があるので、晩御飯を一緒にどうですか」とのメッセージをもらいました。

私は久し振りに会うので、とても楽しみにしていました。

実際に会ってみると、お互い年とったなぁとは思いましたが、すぐにわかりました。

近くのファミレスでご飯を食べながら、いろいろと話しました。

その人は、恥ずかしながらも、私が工業高校の定時制で非常勤講師をしていた時の生徒さんです。

なので、今も私のことを「先生」と呼ばはります。

すると、私もだんだんと「先生モード」になっていきました。

いつもなら、たかしに一方的にべらべらと話すのですが、ちゃんと話しを聞き、相談に乗り、いつもと人格が変わってきました。

「いつでも、おいないや」と声をかけ、帰らはったのですが、その時の私の様子をたかしに話すと「えーなー!」と言われました。

「オレも生徒として会いたかったわ」
「なんでやな」
「そんなかあちゃん、見たことない」
「そうかなぁ」
「うらやましいー!」

呼ばれ方で、人格も変わるもんなんですね。












[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/24328543
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2015-04-06 02:28 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)