返ってきました

気がつけば、もう五月ですね。


ずいぶん前の話しなんですが、自転車をほかしました。

他の自治体はわかりませんが、私の所では「大型ごみリサイクルセンター」に電話をして、600円のシールをコンビニで購入して、指定された番号を書いて、所定のごみ捨て場に朝の5時から8時に置いておく、という手続きをします。

で、私もその通りにして、600円のシールを買って、サドルに貼って夜中に置いておきました。

次の日。

夕方に、電話がかかってきました。

「自転車、出さはりましたか?」
「はい」
「自転車、ないんですが・・・」
「え」
「たぶん、誰かが持っていきよったんですな」
「そうですか」

捨てた自転車を、誰かが持っていったようです。

さて。

何日かして、警察から電話がかかってきました。

それも、西堺警察。

盗んだ犯人がわかったそうです。

ここで問題です。

被害を受けたのは、誰か。

「ごみ」として出したので、私の所有物では、ありません。
自治体も、自転車を受け取っていない。

警察は、自治体の環境局と相談してくれというし、自治体は警察と話しあってくれというし。

何が問題かというと、ここで「600円」というお金の問題があるからです。

結局、盗んだ人に600円支払ってもらい、自転車と共に私の元に返ってくることになりました。

その600円でまたシールを買って、ごみとして処分することに。

ややこしい問題に振り回され、今日、自転車と600円が返ってきました。

また電話して、ゴミとして処分しないといけません。

面倒です。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/24483159
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2015-05-16 16:42 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)