長い長い1日

iMacですが、予想よりも早く出来上がったと、連絡がありました。

それで、翌日の午前中に届くようにお願いをして、心待ちにしていました。

その日は、ちょうど、たかしの誕生日。

「かあちゃんの方が、嬉しい日になるんやな」なんてたかしに言われ、にへにへと笑っていました。

予定では、8時から12時の間。

その間、ずっとハンコを持ってウキウキしていました。

しかし、待てど暮らせど、届かないのです。

そうしている間に、友達も来はりました。

ケンタッキーに行かないといけないのに、出かけられません。

電話をして、聞いてみました。

調べてから、折り返し電話をすると、言われました。

暫くすると、年配らしき男性から電話がありました。

私の荷物が、見当たらない、と。

神戸営業所も、いくつかあり、トラックも何台もあり、全て探すので、時間が欲しいと言われました。

ここで、私の怒りの沸点が、じわりと上がりました。

とにかく、何時なら届けられるかと訊くと「4時には」と言われたので、ここはぐっと我慢し待つことにしてケンタッキーに行きました。

で、4時前に、また電話がかかってきました。

まだ、荷物が見つからない、と。

なので、4時には、無理だ、と。

だから、6時まで待ってほしいと言われました。

怒りがまた「ぐぐっ」と湧いてきましたが、なんとか抑えることができました。

なんといっても、たかしの誕生日やし。

6時前、また電話。

「全社員、探しておるんですが、未だ見つからないので、明日の配達でよろしいでしょうか?」
「いや、困ります。最終の配達は、何時ですか?」
「一応、9時です」
「では、9時にお願いします」
「わかりました」

そんなやり取りをしている間に、やがて友達も帰ってしまわはりました。

そして、また電話がかかってきました。

「やっと見つかりましたが、どうしても、9時は過ぎてしまうんですが・・・」
「それでもいいので、よろしくお願いします」

やーっと、届けるとの電話です。

そこからの時間の過ぎるのが、遅いこと。

ピンポンが鳴って、私のiMacが届きました。

「どこにあったんですか?」
「集配のベルトの横に、はねられてたんです」
「サガワさんの名前も、地に落ちましたね」
「以後、こういうことのないように致しますので・・・」
「はい、ありがとうございました」

たかしが
「今日、開けて起動させたら、なんか変なこと起こりそうやし、明日にしぃや」
「うん、そうする」と言い、なんか疲れたなぁとか思いつつその夜は開けずに寝ることにしました。


次の日。

iMacと、外付けを繋げようとしたら、なんと全部USBやん!

急いでケーブルを買いに行ったのですが、今度は2台のうち1台が、変!

サポセンに電話したら「もう基盤などが、破損していますねぇ」とのこと!

データの復旧には、10万円くらいかかると言われ、それならもう諦めて、新しい外付けを買いに行きました。

なんとかポイントで買うことができ、繋いだのですが、今度はiMacが変!

たかしに「サガワの呪いや」と言われるし、んもうどないしよか、と悩み、Macのサポセンに電話をしました。

事情を話したのですが、幸いなことに音楽とか写真などが入っている外付けは生きてて、Time Machineの方が壊れていたので、まだ良かったと言われました。

で、iCloudでログインしたら、全て前のMacの設定が戻りました。

あとは、デフォルトの明朝体をゴシックに変えて、やっとこさ「私の」iMacになりました。

ありがとう、アップルのサポセンのお兄さん。

最初からケチがついてしまい、外付けでも大変な思いをしたiMacですが、今は快適に使用しています。

あ〜よかった。

大事に使こて、長いこと使お。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/24767837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2015-08-08 01:05 | Mac  | Trackback | Comments(0)