第2段階

今、たかしが「願書」を持って、高校に提出に行きました。

朝一番に中学校に行き、担任の先生に清書した作文を見せ、調査票を受け取り、そして「忘れもんはないか、忘れもんはないか、」と言いつつ、ひとつひとつ確認して、出掛けました。

たかしがひとりで行くのは、これが初めてです。

「もしな、道に迷たらな、どしたらええ?」とか「忘れもんあったら、持って来てな」とか「しんどなったら、迎えに来てな」などと、弱気な発言ばかりしていました。

「かあちゃん、メモ帳、ない?」と訊くので、本当は合格したら渡すつもりだった手帳とペンを渡しました。

「うわ、こんなんもろてええん?」と言うので「合格したら渡すつもりやってんけどな」と答えると「その一言が、んもうすっごいプレッシャー!」と叫び、でもメモ帳は嬉しかったらしく、制服のポケットに入れていました。

「ほな、行ってくる」
「はい、行っといで」
「かあちゃぁ〜ん」
「なんやいな」

ここで、何故か握手。

「気ぃ付けて行っといで」
「いってきまーす」

たかしは、今朝からずっと頭痛がするらしく、よれよれと出掛けはりました。

試験日まで、あと・・・。

2週間と少しとなりました。

8日には、2人揃ってサンパツにも行きます。

私のピンクのメッシュも、一時封印。

さて、どうなることやら・・・。

なんか私まで胃が痛くなってきました・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/25145201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2015-12-03 10:51 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)