タイムワープはしない

先日、何十年振りかに「レイトショー」に行ってきました。

1人で、です。

今回観る「レイトショー」では、お米を投げたりクラッカー鳴らしたり掛け声かけたり歌ったり踊ったりも、一切しません。

おとなしく、観ました。

前売り券を買っていたのですが、ネットで座席の予約ができます。

当日は映画館に行って、ちゃんとした「当日券」を機械から発券してもらいます。

ちゃんと事前にトイレを済ませ、ポップコーンとコーラのMセット650円とパンフレット700円を購入。

喫煙室で一休み。

そして、20分前に、座席に着きました。


この映画は、私が行ける範囲の中で、3つの映画館で上映されていました。
しかも、3Dなのは、ここだけ。

一番行きやすいところだったので、ちゃんとたかしの晩ご飯を作って、早めに出掛けて、たかしの服を買ったりしていました。

今年は暖冬と値段設定を高くしたためか、ユニクロはいつもセールです。
でも、全然人が入っていません。
ヒートテックもフリースもダウンも、たくさんたくさんあります。

私は、たかしのシャツとチノパンを買って、出ました。

その代わり、GUは、若い子達がたくさんいてはります。

ここでも、たかしのシャツと靴下とパーカーを買いました。

何故か自分のものは「節約」として買わないのに、たかしの高校への通学服ばかりは、買っています。

で、なんとなく、そのビルの上にある、楽器店に行ってみました。

たくさんのギター。ベース。

私は高校1年の夏に、映画館の「もぎり」のバイトをして、ショートスケールのベースを4万円で買いました。

で、うろうろ見ていて、ピックをひとつ、買いました。
一番ハードなのを選びました。

別にまたベースを弾くわけではないのですが、なんか、欲しくて。

そして、わくわくする心を押し殺して、そろそろ映画館に行き、一連の行動を率なくこなし、いよいよ始まりました。


ウッドストックが、すぐそこを飛んでいます。

シュローダーが目の前でピアノを弾いています。

吹き替えなので、チャーリー・ブラウンは、鈴木福くんでしたが、私が見ていた頃は、チャーリー・ブラウンは谷啓、ルーシーはうつみ宮土理でした。

「ピーナッツ」では、ずっと描かれていなかった「赤毛の女の子」が描かれていて、それもなんだか「見てはいけない人を見てしまった」という感じというか、個々のイメージをぶち壊したというか、描いたら終わりというか、往年のファンとしては、描いてほしくなかったです。

スヌーピーは、もふもふしているのかと思って、期待していたのですが、う〜ん、ふわふわとかもふもふというよりも、化繊の「フエルト」で作られたお人形のようでした。

夜の21時20分から始まって、23時に終わるという時間帯だったので、観ていたのは、6人くらいでした。

子供の姿は、もちろんなし。

カップルがいたくらいです。

幼稚園の頃からの、大のスヌーピー好きとして、果たすべきことは果たしました。

・・・見ーひんかったらよかった・・・。

私の中の「ピーナッツ」は、こんなんじゃなかったんやもん。

期待し過ぎていたのかもしれません。

もっとシュールなコミックでした。

初めて覚えた英単語は「sigh」で「ためいき」でした。

あれは、谷川俊太郎さんの和訳が素晴らしかったのだと思います。

マーシーが、ペパーミント・パティに呼びかける時の「sir」も、なんて訳すべきか、かなり悩まれて「先輩」と訳されたと聞きます。

私は、やっぱり2次元の古い人間だったようです。

帰ってから、私のスヌーピーのぬいぐるみを抱いて、寝ました。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/25260360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 森羅風薫 at 2016-01-14 18:06 x
marurin373さん、可愛い!
私は高校生の時にお友達から借りて
授業中に読んでいました。TVは知らんかった。
年代が違うもんなぁ。
あの頃は、いろんな漫画本の回し読みで
周りの友達と楽しんでいました。
ウッドストックのファンで、スヌーピーのおうちが
火事になって、ドラえもんのポケットのように
色んなものが出てきたのが面白くて、授業中にもかかわらず
噴き出してしまいました。
で、見とうなかったものを見るという経験は
40年来のトレッキーの私が
スポックとウーラのキスシーンを映画館で目撃して
バルカン種族の生命の基本を学んでから
映画化してくれ!と嘆き悲しみ怒りました。
新シリーズは見ないと固く心に決めています。
長ごうなって、かんにんな(笑)
Commented by marurin373 at 2016-01-21 23:46
>森羅風薫さん
本は、本当にざら半紙みたいな本で、何十巻も出ていました。くるくる回る棚にいっぱい並べられていて、お小遣いを貯めては、買ってました。ウッドストックは何匹もいて「ウッドストック、コンラッド、オリビエ」て名前も、今も覚えています。ライナスとチャーリー・ブラウンが、スヌーピーの家を掃除してて、ピカソの絵や、回る階段があって、ビリヤード台を「気をつけろよ」と言いつつ、運び出す・・・なんていう場面もありました。
私も長ごうなって、すみません。
by marurin373 | 2016-01-12 00:48 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(2)