「母」

2月8日は、亡母の祥月命日です。

もう9年が経ちました。

全く悲しくなく、むしろ怒りが消えません。

いろんな方々の恩義を忘れ、その高い高いプライドで自死することを選んだ亡母。

その後始末が、如何に大変やったことか。

たかしは、本当に楽しみにしていたYMCAの「ゆきあそびキャンプ」にお葬式が重なってしまい、行けなくなるし、私は債権者の方々と弁護士さんの間で、とてもしんどい思いをするし。

一番最悪の逃げ方をした亡母を、私は未だ許すことはできません。

私は、一体何年経ったら、許すことができるのかわかりませんが、当分は無理です。

「死んだ」息子のところに行きたくて「生きてる」娘には、全て押し付けて逃げた亡母。

この怒りを忘れる日は来るんやろか?
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/25336994
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by stretch_tongari at 2016-02-08 10:51
もうそんなになりますか…

その怒りが無くなって、心穏やかにお参りできる日が来てほしいなぁと思います。
いつか許せる日が来るといいですね。
Commented by marurin373 at 2016-02-13 06:06
>stretch_tongariさん
本当に、一度に母のことと、たかしの小学校の入学式が重なり、身心共にふらふらだったことを思い出します。やはり、母は絶対にしてはいけない選択をしました。人として、どうかと思うのです。
私がもっともっと年をとって、おばあちゃんになったら「そんなことした人もいたなぁ」なんて思えるかもしれませんね。・・・わかりませんけど。
by marurin373 | 2016-02-08 00:53 | 思うこととかなど | Trackback | Comments(2)