お風呂

たかしの「ライナスのブランケット」である「くたくたスヌーピー」なんですが、どーにも、こーにも、汚れてます。

特に、たかしが顔をすり寄せて寝ているスヌーピーのおでこ部分は、なんか、黒っぽくなってます。

これは、いけない。

ニキビの元ともなるし、ダニとか、う〜む、考えただけでも気色悪い・・・。

なので、意を決して、たかしからスヌーピーを取り上げ、洗うことにしました。


朝の8時頃。

むくっと起きた私は、たかしが、ぎゅーっと抱き締めているスヌーピーを、ぬ〜〜と抜き取り、洗濯。

案の定、たかしは「何するねんな〜」と、寝ぼけてますが、怒ってます。

「こんなな、汚いスヌーピーちゃん、もうイヤやろ? お天気も続くみたいやさかい、今日は洗う!」
「・・・かあちゃん、できるん?」
「もう、調べた」
「変にならへん?」
「ならへん!」


スヌーピーが入るほどのバケツに、お湯と「毛布用洗剤」を入れて、ぎゅう、ぎゅう、と押し洗いしていくと、もうお湯は真っ黒。

「な? 見とうみ? こんなけ汚れてはったんえ」
「・・・ほんまや・・・」

ぎゅう、ぎゅう、と押し洗いと、特に汚れているところは、ブラシで洗います。

一度、お湯を流して、またお湯を溜めて、洗剤も入れて、押し洗い。

なんとなく、お湯の色が薄くなったような気がします。

黒い耳、顔、腕、足、お腹、と、部分ごとに洗い、かれこれ30分。

「もうええやろ」と思い、またお湯を捨てて、お湯の中で押し洗い。

何度もお湯を変えて、すすいでいきます。

最後は、タオルでスヌーピーを包み、洗濯ネットに入れて、20秒程、洗濯機で脱水。

また別の角度で包んで、ネットに入れて、20秒、脱水。

そして、ぶら下げるのではなく、平らなところにタオルを敷いて、スヌーピーを大の字に寝かせて、干しました。

「今晩は、きれいなスヌーピーちゃんと、寝られるんやな」
「何言うてんの、奥の方まで乾くまで、そやなぁ、5日はかかるな」
「えぇ〜〜〜っ!」
「中途半端やったら、虫わくえ」
「オレ、寝られへんやん〜〜」
「ちょっとくらい、我慢しよし」
「オレに、寝不足になれっちゅうことか?」
「ほな、かあちゃんのスヌーピーちゃん貸したげるさかいに」
「あかんねん、あのスヌーピーちゃんでないと、あかんねん!」
「明日、学校やさかい、かあちゃん、もう寝るえ」
「うううぅぅぅぅ〜〜〜〜〜」

「夜やさかい、ちょっとだけやったらええわ」
私、根性負けです。

たかしは、嬉々としてスヌーピーちゃんを取り行き、すぐに寝てしまいました。


朝になって。

「かあちゃん、今日の天気、どうや?」
「暑いくらいらしいえ」
「ちゃうやん、スヌーピーちゃん干すねん」
「ああ、お日さん出るさかい、ちょうどええんちゃうか?」
「ほな、干しとくわ!」

たかしは、スヌーピーを、また大の字にして干し、お弁当にケチをつけ、学校に行きました。

と、思ったら、戻ってきました。

「どしたん?」
「風でな、落ちひんようにしといてや」
「・・・スヌーピーちゃんか?」
「当たり前や」
「ほいほい、わかったわかった」
「ほな、行くさかい」
「あ、鍵持ってるか?」
「それより、ちゃんと鍵閉めて、お仕事行ってや」
「・・・はい」
「ほな、いってきまーす」
「気ぃつけて、いっといないや」
・・・たかし、無言で「バイバイ」をしています。

毎週の、朝の景色です。

私も、ちゃんと鍵を閉めて、お仕事に行かないと。

こないだは、閉めるの忘れてしもて、えらい怒られたんやったな。

ほんまに、ええお天気で、スヌーピーちゃんも、ぬくぬくしたはります。

ブラシかけて、ほわほわにしよ。


















[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/26291144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2016-10-20 10:12 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)