17

今日は、たかしの17才のお誕生日です。

私も、かあちゃん歴17才。

17年前の、24日、25日、そして26日のことは、今でも鮮明に覚えています。

出産は、決して母となる私だけの力で赤ちゃんを産むのではなく、たかしも自然の摂理通りに生れようとしていたのだと知ったのは、いつやったんやろう?

たかしと2人で暮らし始めて、もう13年。

何か壁が現れては、なんとか乗り越え、するとまた何か問題があり、どうにか解決し、また山が現れては、登り切り、と、している間に、17年が経ちました。

昨夜、たかしの母子手帳を取り出して見ていたのですが、とにかく不安と、心配と、けど喜びの言葉がいっぱい綴られていました。

そら、初めてのことばっかりやもんなあ。

年はとってても「かあちゃん」になって、まだ間もない頃のことやもん。

ひときわ大きな文字で「産まれてきてくれてありがとう。たかしがお腹の中にいることは、いっぱい蹴ってくれて、よくよく知っていたけれど、こうしてちゃんと会えたことが何よりも嬉しいです」と書いていました。

毎年、思います。

ほんまに、産まれてきてくれて、ありがとう。

私は「たかしを産むために産れてきた」とも思います。

こうして、命が脈々と繋がっていくんですね。

弟も、父も、母も、きっとたかしのことを見守っていると信じています。

そして「かあちゃん」として、17年、育ててくれてありがとう。

ちょっとのことでは動じなくなる精神力を、たかしに鍛えていただきました。

「なんか、誕生日やさかいに、食べたいもん、ある?」
「いつもの、かあちゃんの、野菜炒め」
「誕生日くらい、なんか違うもんにしような」
「オレは、いつもと同じように過ごして、17才になったんやなぁと、しみじみしたいねん」
「ほんまに何もいらんの? カステラとか、おまんじゅうとか」
「特別なことはせんでええねん。いつもの通りに、かあちゃんにしか作れへん、オレの大好きな野菜炒めが、食べたいねん」
「ふ〜ん」
「いつもと同じように、今日がやって来たことが、嬉しいねん」
「まぁなぁ・・・」
「かあちゃんは、入院してないし、オレは、まあまあ元気でバイトも続けられてるし」
「ふ〜ん」
「いろいろあったけど、無事、我が家で17才になれたことが、嬉しいだけやねん」
「なるほどなぁ・・・」
「それに、なんかおまんじゅうとか、カステラていうても、オレの稼いだバイト代から買うんやろ」
「そら、そんなことはあらへんけど」
「いつも通りでええねん」

急に、言うことが変わったので、私も驚きつつ、たかしの言葉を聞いていました。

「親離れ」にむけて、着々と進んでいるようです。

それに引き換え、私は・・・まだまだ「子離れ」できそうにありません。









[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/27011007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2017-07-26 04:45 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)