ディスクの検証

何がそんなにストレスとなっているのか。

ちょっと頭の中を整理してみることにしました。


まず、裁判所関係。

「元オットとまだ関係がある」ことが、もうイヤなんです。

確かに、たかしの父親です。

父親ですが、自ら「父親であること」を放棄した、父親です。

相手方の名前を書く度に、吐き気がします。

できたら、もう関わりを持ちたくないのです。

もうすっかり縁を切りたいのですが、たかしの立場を考えると、そうも言っていられません。

そこがツライところです。


母の後始末も、未だ片付いていません。

罪悪感を何も感じていないなら、言葉だけで「謝罪」できたかもしれません。

しかし、私には「お詫び」の言葉すら思い浮かびません。

もう、会わせる顔もありません。

いや、私が詫びるよりも、借金を返してほしいと思ってはる筈。

何もできない私。

心苦しい日々が続いています。


私がしたこと、息子がしたことなら、なんとかできるのですが、私の知らないところでの問題。

もうどうしようもできません。


この1年は、本当にいろいろなことがあり、心身共に疲れ果てました。

毎日のように京都との往復。

怒り続けることの、しんどさ。

でも私は母を許しません。


もし、私がここで生きることを止めたなら、どんなに楽かとも思います。

しかしそれでは母と同じになってしまう。

私には息子がいます。

今日も笑顔でお腹を空かしていた息子。

この子の為にも、生き続けけていかなければなりません。

息子がいるからこそ、今、生きていられるのかもしれません。

息子がお腹を空かすから、ご飯を作る。
それで、私も食べる。

息子に生かされている私。


もっとしっかりしないと。


でも本当に、疲れました。


ゆっくりと「ディスクの修復」をしたいと思います。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/7845279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2007-12-20 23:52 | 思うこととかなど | Trackback | Comments(0)