HUG

私は、両親の胸に抱かれた記憶がありません。

つらい時、悲しい時、淋しい時、悔しい時。

いつも「誰か」の胸で泣きたいと思っていました。
泣いて、抱きしめてほしいと思っていました。

それを受け止めてくれる人を、ずっと探してきましたが、やっとわかったことがありました。

私は「父」の胸で泣きたかったのです。

あんなに殴られて、罵倒されていたのに、いや、だからこそ、父に抱きしめてほしかったのかもしれません。


弟が亡くなった時、私は思わず父の胸に飛び込みました。

すると、父は無言で私を押し退けはりました。

最初で最後の、試みは失敗しました。


あれ以来、私は誰かの胸に飛び込むことが恐くなりました。

また押し退けられたら、と思うと、できません。


父が亡くなって10年経って、やっとわかったことですが、もう叶いません。


私は、息子がいやがるまでずっと、抱きしめようと思っています。
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/8093118
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by たあちゃん at 2008-03-01 18:06 x
marurin373さん
こんにちわ!ご無沙汰です。
私、約2ヶ月留守してました。
こんなに家を空けたのは初めてです。
なので、るす中のこのブログを今読ませてもらいました。。。
娘に男の子が無事に生まれました。元気に育ってます。
男の子の先輩ママとして このブログも参考に、又よろしくです。
Commented by marurin373 at 2008-03-01 20:50
>たあちゃんさん
おかえりなさぁ〜い!
おめでとうございます。
またお会いしたいです。
たあちゃんさんもお体お大事になさってくださいね。
by marurin373 | 2008-02-25 09:54 | 思うこととかなど | Trackback | Comments(2)