「ほんまのお母さん」問題について

たかしも2年生になり、口答えも憎たらしくなってきました。

宿題はご飯よりも、テレビよりも、後。

その頃には眠いので、字もぐじゃぐじゃです。

で、つい叱るのですが、今までのように優しく諭してなんかいられません。

すると、たかしが呟くのです。

「・・・そんなに おこるなんて・・・
 かあちゃんて、ほんまに ぼくの お母さんなんかなぁ・・・」

聞こえよがしに、でも小さな声でぶつぶつと言うのです。


・・・あのねぇ。


毎晩、お風呂の時間になると、たかしは「うんこさん、してから入る〜」と言い、私だけ先にお風呂に入ってたかしを待ちます。

で、無事うんこさんをし終わって、お風呂に入ってきたところで、たかしは「ぷいっ」と後ろを向いてお尻を突き出します。

私に、シャワーで、たかし言うところの「おしりのなかみ」を洗え、と。

質・量共に大人並みのを排出するたかしのお尻の中身。

「どうせこのあとは、おふろやし」とかなんとかで、ろくに拭いてないと思われる、お尻の中身。

それを私は素手で、シャワーでもって洗って差し上げるのです。

・・・付着するかもしれんのに。


そんなことできるのは「ほんまのお母さん」しかいてへんやろー!


それでもまた、今夜も言われるのです。

「そんなきつうおこるなんて・・・ほんまに ぼくの お母さんなんやろか・・・」


2人とも同じ顔してるやんかいさー!
[PR]
トラックバックURL : http://marushiba.exblog.jp/tb/8885467
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by radi-spa.horie at 2008-06-26 07:49
ホリエはずいぶんと長い間
「あんたは淀川の橋の下で拾た子や」
と言われ続けてました(笑)

しかし…うんこさんは堪忍してほしいなぁ。
Commented by marurin373 at 2008-06-26 23:00
>radi-spa.horieさん
私は「五条の橋の下で拾た」と言われてました。
あの、高瀬川と鴨川が合流する辺り。
因に、弟は「抽選の景品でもろた」て言われてましたっけ。

たかしのうんこさんは、硬めなので、ちょっと油断してます。

by marurin373 | 2008-06-25 22:08 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(2)