それは突然に

ある晩、突然「今日、ひとりでおふろ入る」と宣言しはりました。

湯槽の中の椅子がじゃまなので、それを除けて1人で入りたいらしいのですが、ま、頭もしっかり洗ってなくてもいいや、と思い、承諾しました。

これで私も何年か振りに1人でお風呂に入れることになりました。


でも、お風呂は、貴重な会話の時間でもありました。

淋しくもあり、嬉しくもあり。

なんか最近、突然に自己主張が激しくなったように思います。
[PR]
by marurin373 | 2009-04-28 23:22 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

では、答えです。

たかしの言うところの
「きゅうしょきゅうしょほう」とは。

ずばり「高所恐怖症」のことでした。

stretch_tongariさん、大当たりです。

これは、例えばこんな時に用いられます。

「かあちゃん、ぼく、こんな高いところにのぼれるんやし、きゅうしょきゅうしょほう、なおったんかな」とか。

空耳にもなってません。

3年生にもなって、今も「給食」のことを「きょしょく」と書いてるたかしの国語力やいかに。
[PR]
by marurin373 | 2009-04-23 02:48 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(6)

真実

たかしは「大きくなったら、しっぽが生える」と信じています。

誰がそんな根も葉もないことを吹き込んだのかというと、かくいう私なのですが。

保育園の時、お風呂でたかしのお尻の尾てい骨をさわりつつ「ここからしっぽが生えてくるんやなぁ」と言ったのが発端です。

しかし、その時、たかしはまだ4才。

小学校に入れば、そんなことは忘れるか、うそやとばれるかと思っていたのですが、今も信じているようなのです。

こうなれば、貫き通さねば。

「しっぽに、け、はえてる?」
「毛は生えてないな」
「どんなしゅじゅつするん?」
「根っこを糸でぎゅっと結んで、はさみでちょきん、で終わり」
「いたい?」
「痛くはないよ」
「かあちゃんもした?」
「したよ」
「そのあと、ある?」
「もう消えてるんちゃうかなぁ」
「みんな、しゅじゅつするん?」
「そやろなぁ」
「ふ〜ん」
「でも、みんなあんまり、しっぽの話しはせーへんな」
「ふ〜ん」
「ま、ピアス開けるようなもんやな」

いつまで信じてることやら。

バレた時がこわいです。
[PR]
by marurin373 | 2009-04-20 13:50 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

さて、ここで問題です。

たかしが言う
「きゅうしょきゅうしょほう」
とは、一体何のことでしょうか?
[PR]
by marurin373 | 2009-04-19 15:50 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(3)

自己主張

東京へ行く前に、たかしの散髪に行ってきました。

以前、散々泣かれたので「かあちゃんは、連れて行くけど見てるだけで口は出さない」という約束のもと、行ったんですが。

私としては、いや、母親としては、2500円なら2500円分、いやそれ以上に切ってもらいたいんです。

もう数ヶ月行かなくてもいいように、体重が1キロくらい減るほどに、切ってもらいたいんです。

ところが、できあがった頭は「どこ切ったん?」てな状態で。

耳は隠れてるし、後ろも長いし、前髪もあるし。

「それでええんか?」
「ええねん」
「もう、ちょっと、こう・・・」
「ええねんってば」
「またすぐ来んならんやん」
「ええねん」

ええねん違う!
私が出すのに! (当たり前か)

短い、くりくり坊主を期待していたのに、中途半端な長さ。

ほら、シャンプーも大変やんかいな。

しかし、これもたかしの自己主張だと自分に言い聞かせ、無理矢理納得している次第であります。
[PR]
by marurin373 | 2009-04-13 15:51 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(2)

サクラガサイテ

私の熱の花も咲きました。

また口唇ヘルペス・・・。

ちょっと無理し過ぎたかなぁ。

くるぶしもわからない程に浮腫んでるし。

自分の限界を知るということは、なかなかに辛いものです。
[PR]
by marurin373 | 2009-04-07 22:21 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(2)

東京日記

昨日は腑抜けになり、ご飯を作ることしかできませんでした。

足の甲が盛り上がるくらい腫れ上がり、浮腫んでいます。

股関節はギシギシいって動かないし。

どこに行っても「休みの日の三宮、もしくは四条河原町」で、人に酔ったようです。


さてさて。

1日に荷物を宅急便で宿泊施設に送り、2日のお昼過ぎに新幹線に乗って、東京に向かいました。

新幹線に乗る為に改札を通ろうとしたら、たかしも私も自動改札に止められてしまいました。

慌てる私とたかし。

駅員さんに縋る目で助けを求めると、どうも乗車券と特急券が私とたかしの「大人」と「子供」がてれこてれこになっていて、止められたのでした。

駅弁を買って、いざ新幹線に。

富士山を見て「おれが知ってる山の中で、一番大きい!」と叫ぶたかし。

そらそうやろうなぁ。

「絶対に阪急の特急の方が新幹線よりも早い」と言い張るたかしを理論的に説明するのに疲れた頃に到着。

早く着くようになったとはいえ、小学もうじき3年生を2時間半「ずっと座っておけ」というのは難しいものです。

たかしは高い高い車内販売のアイスクリームを食べ、トイレに行ったり来たり。

「何事も思い出となるのである」と自分に言い聞かし、我慢。

漸く東京に到着し、京浜東北線に乗って、王子まで。

そこからは巡回バスに乗って、宿泊施設まで行きます。

しかし、あと少しのところで乗り過ごし、結局タクシーで行くことになりました。


そもそも、何故「東京に行く」ことになったのかというと、たかしが学校の生活の時間に「お腹にいた時のこと」「赤ちゃんの頃のこと」「保育園の時のこと」を家族に聞き、自分だけの手作りのアルバムを作る、ということをしていたのです。

それで母子手帳を片手にいろいろと話していたのですが「お腹にいた時に住んでいたところ」を是非見たいと言うので、それなら春休みに東京まで見に行こう、ということになったのです。

しかし「見に行く」と言っても、入れるわけでもなく、外から「あそこ」と教えただけでした。

それでも、スイカを丸呑みしたようなお腹で○ちゃんと歩いていた辺りを、たかしと歩くというのは、なんか不思議な感じがしました。


その後は池袋で高校の時の友達と会い、ご飯を食べて、早々と帰り、大浴場を2人で独占し、ゆっくり堪能しました。

たかしは大浴場で泳ぐし、私は肩までお湯に浸かるということを何年か振りにできて、大満足でした。


2日目は、ジブリ美術館に行きました。

亡弟の友達(いや、もう私の、というよりたかしの友達と言った方がよいかも)も一緒です。

着いた日は寒かったのですが、この日は春らしい、ぽかぽかした日でした。

b0049646_11105583.jpg

三鷹から、こんなバスに乗って行きます


b0049646_11252712.jpg

12時入場に予約しました



私も子供連れですが、さすがに子供だらけ。

一瞬でたかしを見失います。

リーフレットに「迷子になろうよ、いっしょに」というコピーが載っていましたが、たかしは本当に迷子になってしまいました。

しかしなんとか出逢うことができ、やれやれです。


b0049646_11302853.jpg

こんな人が屋上にいてはりました


誰かが禁断の言葉「バルス」と言ったようで、ラピュタの破片も。

b0049646_11332234.jpg

乗ってよいのか、たかしよ


それに、たかしは、ねこバスに乗れて大喜びです。

靴下を脱いで、並んで待ちます。

「本物」よりも小さめだそうですが、ふかふかしていて、なんとも気持ち良さそうで。

ただ、中には「すわる、いすみたいな、だんがなかった」と不満げ。

しかし、この時ばかりは、本当にたかしが羨ましかったです。

カフェもいっぱい。

それでも私とたかしはソフトクリームを食べました。

「丹波黒豆」のソフトクリーム、めちゃくちゃ美味しかったです。


次はポケモンセンターへ。

三鷹から浜松町まで電車で移動です。

ポケモンセンターに着くと、たかしの目が変わっています。

焦点が合わず、キョロキョロして、あわあわしています。

カゴに欲しいものを入れて、私に見せ、却下され、また物色。

ここも子供だらけです。


この後、新橋で変わった造りの居酒屋さんで晩ご飯。

そしてこの日も大浴場を2人で独占して、満喫しました。


3日目は、荷物を宅急便に頼んで、チェックアウト。

渋谷まで行って、NHKスタジオパークに行ってきました。

障害者手帳があると、入場無料になり、得した気分になりました。

アフレコしたり、3Dのテレビを見たりしました。

でも、さすがにスプーと記念撮影するのは恥ずかしいからイヤだと言っていました。

b0049646_13244655.jpg

一応、記念に


この日は5時過ぎの新幹線なので、渋谷でゆっくりして、東京駅の駅ナカを楽しむことにしました。

b0049646_13255726.jpg

ほな、さいなら


ポケモン弁当を買って、さぁ改札を通ろうとすると、また改札を通ることができませんでした。

私もたかしも慌てて、駅員さんに訊くと「あぁ〜、これ明日の切符ですね」と言われました。

買う時に日にちを1日間違えていたみたいです。

で、当日の切符の売り場に並んで、切符を取り直しました。

空いててよかったです。

思えば、行く時も帰る時も改札をスムーズに通れませんでした。


帰りの新幹線の中では、お弁当を食べて、ちょっとしたら、たかしは寝てしまいました。

行く時は、降りるのが終点なので、のんびりしていましたが、帰りは寝過ごしてしまうと岡山まで行ってしまうので、必死で起きていました。


京都タワーを見て「帰ってきたなぁ」と思いましたが、まだあと少し乗ってないといけません。


帰ってから、たかしに「どこが一番楽しかった?」と訊いてみたら、やっぱり「ポケモンセンター」と言われました。

東京まで行かんでも、梅田でよかったんやん!
[PR]
by marurin373 | 2009-04-06 13:08 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

ただいま、です

今夜帰ってきました。

いやぁ、さすがに疲れました。

東京日記は、また明日に。
[PR]
by marurin373 | 2009-04-04 21:53 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(2)

それでは明日、いってきまーす。
[PR]
by marurin373 | 2009-04-01 22:06 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(2)