<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

白髪染め。

昨日は昨年通っていた学校の同窓会でした。

働いている人、また別の学校に通っている人、それぞれです。

年齢も様々。

当然たかしも連れて行ったのですが、今年で26才にならはった「お兄さん」が結構相手をしてくれはったので、助かりました。

亡弟の年と同じくらいの男性に対しては、なんか「お姉ちゃん心」をくすぐられてしまい、過剰に話したりしたくなってしまいます。


で、ここのところ異常に増えた白髪が恥ずかしくて、落ち込んでいたのですが、たかしの「しらがぞめしたらええだけやん」との一言で、決意。

美容院に行くお金と時間がなかったので、今流行の泡で染めるやつを購入。

ケープとか耳キャップとかは、櫛とビニールの手袋の4点セットが100均で売っていたので、それも購入。

いっそ金髪にしよかと思いましたが、仕事のことを考えて、今よりも少しだけ明るい色を選びました。

こんなにきれいに染まるなら、悩んでなんかいなくてもっと早くにしていればよかったです。

あーあ、遂に私も「白髪染め」をする年になったのだなぁ。
[PR]
by marurin373 | 2011-02-27 16:56 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(4)

2分の1と命日

金曜日は、たかしの小学校で「2分の1成人の会」がありました。

10才になった子供達の、お祝いの会です。

絶対に「泣く」と思っていたので、タオルハンカチを用意していました。

他のクラスでは「おかあさん、いつもありがとう」とか「おとうさん、だいすき」とか、1人づつ言ったり、ちょっとした劇をしたりしたはりました。

で、たかしのクラス。

歌を歌って、その途中で寸劇がありました。

たかしはなかなか出てきません。

最後にたかしが飛び出してきました。

「どうしよう、どうしよう、」

かなり大きな声です。

するとお友達たちが、面白いことをして、たかしを笑わせて「ああ、おもしろい!」と叫ぶだけ。

え?

これで終わり?

「ありがとう」とか、ないの?

ないみたいです。

親は「子供たちには、絶対に内緒にしてください」と注釈がついた手紙をもらい、子供に手紙を書くように言われ、ちゃんと書きました。

本当の成人式なんて、もう親なんて関係ないんでしょうね。

友達同士でお酒呑んで騒いで、私の入る余地もないやろうし。


その次の日。

土曜日は、亡父の命日だったので、もう13年も経つんやなぁと思いつつ、お墓参りに帰洛しました。

また大きなお友達と待ち合わせて、河原町から裏寺を通って六角あたりで寺町に行き、本能寺へ。

たかしはスポンジを持参し、お墓を磨いたはりました。

じぃじも喜んだはることでしょう。

その後はお茶して、たかしがどうしても行きたいと切望している「北大路ビブレ」へ。

いろんなことを思い出し、泣きそうだったそうです。

思い出がある「バーミヤン」でラーメンが食べたいと言うので、帰洛してまで「バーミヤン」で晩ご飯。

お洒落な晩ご飯屋さんに行きたかったのに、「桃のところ」で「海老わんたん粥」を食べました。

そして23センチの靴がセールになっていたので、5年生になったら履くように買い、その後は京都駅のヨドバシカメラへ。

地下鉄を乗りまくりです。

たかしと大きなお友達にとっては、もうパラダイスのようなおもちゃ売り場をうろうろし、そろそろ帰途へ。

高槻あたりで人身事故があったらしく、普通しか走ってないことに愕然とし、普通に乗って梅田まで帰り、梅田から神戸へ。

私は高島屋でちゃんと「みたまや」さんの「黒蜜だんご」を購入していたので、帰るなりばくばく食べて満足でした。


考えてみれば、たかしの産まれる2年前に父は亡くなっています。

もうちょっと頑張ってくれれば、会えていたのに。

55才で亡くなるのは、早過ぎです。

私もあと10年近くで追いついてしまいます。

そしたらたかしは本当の成人。

どんな男になっているんでしょうか。
[PR]
by marurin373 | 2011-02-20 18:29 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

「生きる」こと

この前、私はもう本当に落ち込んでしまい、一人でわんわんと泣いていました。

そして「もう消えてしまいたい」と言った時。

「あのな、ぼくも消えてしまいたいて言うた時な、ぼくが消えたら心配してくれる人がいてるって教えてくれたん、かあちゃんやん。それを教えてくれた人がそんなこと言うて、どうすんのん」と、諭されました。

肩をぽんぽんと優しく叩き続け、なんでしんどいのかをとことんまで聞き、うんうんと頷き、そして一言。

「明日な、ぼくが熱出したことにして、会社休んで、ゆっくりし。ほな、もうねよか」

私はたかしの言う通りに会社を休み、1日中寝てストレスを発散させました。


「子供は早く大人にしたらあかんよ」と言われているのですが、親がこんなのなので、大人にならざるを得ないようです。

私がたかしに育てられているようで。


あかんなぁ、もっとしっかりせなな。
[PR]
by marurin373 | 2011-02-13 14:23 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(4)

たかしの笑顔

今、たかしは「大人のお友達」とベイブレードで遊んでいます。

今日来はる約束をしてから、毎日「あと5日、あと4日」とカウントダウンして楽しみにしていました。

で「1時か2時頃に行きます」と聞いていたのに、たかしは朝の8時から待ってはりました。

専門用語が飛び交っているので、私にはさっぱりわかりません。

でも、たかしがこんなに楽しそうに遊んでいる顔を見るのは、私まで楽しくなります。
[PR]
by marurin373 | 2011-02-11 14:42 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

4年

8日、今日というか昨日は、亡母の命日でした。

まだ亡母を許せない私がいてます。

亡母にとって「子供」とは、亡弟だけだったようです。

既に亡くなっている弟のことは、どんどんと美化され、生きている私の嫌なところは増えていくばかりで。

そら、生きてるんやもん、気に入らないこともあると思います。

弁護士さんの「破産する人よりもひどい状況ですね」という言葉が今も思い出されます。

そこまでになったのは、ひとえに亡母の高い高いプライドです。

私は亡母を軽蔑しながら、そして許せないまま、たかしと2人で生きていきます。
[PR]
by marurin373 | 2011-02-09 01:07 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

オノマトペ

今、私には上司がいてはるんですが、この人がとってもユニークなんです。

庶務の仕事をしているのですが「お父さんが生きてたら、たぶんこんなおじさんになってたやろうなぁ」と思うような人です。

で、いろんな仕事を教えてもらうんですが。

「ほなな、ハンコを、ここに、ぽっちょ〜んと押して」
「ほいでから、ここにもハンコをぽっちょ〜んと、やな」
と、独特のオノマトペを。

ドラッグは「びゃ〜」やし、クリックは「ぽち」。

私には、全然縁のなかったExcelを習っているのですが、この「びゃ〜」と「ぽち」と「右ぽち」で全部説明してもらい、なんとか無事、表が出来上がりました。

でも4月末で退社されます。

それまでに、いっぱいいろいろと教えてもらおうと思っています。
[PR]
by marurin373 | 2011-02-05 20:43 | 仕事 | Trackback | Comments(0)