<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

毎年、この季節になると、具合が悪くなります。

いつもなら、もうわかっているので、ちゃんと早めにお医者さんに行って、薬の処方を変えてもらってやり過ごすのですが、今年は突然やってきました。

もう、朝がダメです。

布団から出られません。

パジャマが脱げません。

もう、何にもできません。

この病気と長年付き合っていますが、慣れることはありません。

たかしには申し訳ないと思っているので、なんとかご飯だけは作っていますが、あとはずっと寝ています。

早くお医者さんに行かんとあかんなぁ・・・。
[PR]
by marurin373 | 2014-12-27 21:01 | 病気のこと | Trackback | Comments(0)

アウエー

ルミナリエを見ても、ただ「きれいやけど、寒いし人が多い」としか、思えない。

「地震」のことを「震災」という。

「言うとう」「しとう」「行きよう」・・・耳慣れない。

で、故郷に帰っても、もう「実家」もない。

泊まるところもない。

たかしに見せたかった、私の卒業写真や、通知簿なんかも、もうない。

いつの日にか、帰ろうと思っているのだが、いつになることやら。

今、私が受けている福祉が、そのまま受け継けられるのかどうか、それすらもまだ調べてない。

ルミナリエの頃になると、毎年そんなことを思う。
[PR]
by marurin373 | 2014-12-15 05:06 | 思うこととかなど | Trackback | Comments(0)

製造機

たかしは、本当によく食べます。

カステラ3切れ、おまんじゅう3つ、そして冷たいぶっかけうどんを4玉、2時間ほど経ったあとでまたカステラ。

もう本当によく食べて、食べ過ぎでではないのかと思うほど、食べはります。

そやさかいに「お腹の中に虫」が居てるんちゃうかなんて心配もするのです。

「オレなぁ、食べたら、食べた分だけ出るねん」
「全部?」
「全部」
「ほな、栄養とかその辺のこと、どうなってんの?」
「う〜ん、ちょびっとだけ吸い取ってるんかなぁ」」
「なんかもったいないなぁ」
「オレ、もしかしたら、うんこさん製造機なんかもしれん」
「かあちゃんは、うんこさんの為に、毎日ご飯作ってるのんか?」
「うん」

いくら食べても、ひょろひょろの、たかし。

ほんまに虫がいてる可能性、ありです。
[PR]
by marurin373 | 2014-12-08 05:43 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(2)

宣言

今日、病院でCTの検査があって、診察もあり、でも雨なのでバス以外は徒歩で行き帰りしていました。

いつもならば、見過ごす看板や、町内会のお知らせみたいなものも見て、帰ってきました。

そしたら、私は今日歩いて帰らなかったら、一生間違えてたであろう人の名前を発見しました。

もうずっと、私は「チャールストン・ヘストン」やと思い込んでいたのですが、実は「チャールトン・ヘストン」であったと、気づきました。

齢48にして、この体たらくです。

家に帰り、ご飯の時に、たかしにそのことを話していたのですが。

「オレはなぁ、逆襲のルルーシュやと思てた」
「かあちゃんは、コールド・ギアスやと思てた」
「ほなな、一緒にしたらな、コールドギアス 逆襲のルルーシュやったら、全然違うアニメになってたな」
「ほんまやな」

てな会話も、してました。

「かあちゃん、」
「ふぇ?」
「オレ、働くわ」
「えらい急に、どしたん」
「なんかな、かあちゃんがな、メガネかけて、電卓打って、厳しい顔して、ばぁばにすごい似た顔になってる時って、クレヨンしんちゃんのみさえみたいにな、今月も赤字よぉ〜とか、思てるんやろ?」
「ん〜ん、まぁそういう時もあるけどなぁ」
「どんな状況なん?」
「まぁ、毎日外食とかは、無理やわなぁ」
「うん」
「でもな、あれをこっちにやって、これをあっちにやって、考えてたら、いろいろやっていけてるんやから、なんとかなるもんやな」
「かあちゃん、」
「何?」
「オレな、高校行けたら、空いてる時間でバイトするわ」
「え」
「そやし、オレも働くわ」
「無理は、せいでもええんやけどなぁ」
「オレ、働く。ほんで、ちょっとは、自分の事は自分で何とかできるようになるわ」
「そうなん?」
「ゲームやら、そんなんを買うてもらうのんは、中学までで、終わりや」
「う〜ん、それやったら、かなり楽になるやろけどなぁ」
「働くし」
「うん」
「そやし、来年までは、ゲームとか、お願いな」
「まだ買うんかいな」

なんか逞しい「宣言」をしてくれはりました。

どうなることやら。

ま、家計のことを考えている時には、どうしても厳しい顔付きになっているとは思うのですが、亡母に似ていると言われたのは、なんかちょっとイヤでした。

かーなーり、厳しい顔をしてるんやと思います。

ま、ゆっくり眺めてることにします。
[PR]
by marurin373 | 2014-12-04 22:57 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

忍び大爆笑

先日の「松本家の休日」を、たかしと観ていたのですが、松本の「ハロウインパーティの話」が私のツボにはまり、もうおかしくておかしくて、笑いたいのですが、もう夜中。

笑いを堪えて、しかし笑って、ということをしていると、なんか私の喉元から「ひゅ〜ひゅ〜」という変な音が出てきました。

その音を聞いて、たかしが「かあちゃん、どうもないか?」と心配するのですが、もう笑いを堪えることができず、夜中に「ひゅ〜ひゅ〜」と、不思議な音をさせていました。

その2日前くらいに、近くの駅ナカにカレー屋さんができるとかで、そちらの方らしき人がチラシを配ってはって、私には「できたよ〜来てね〜」と言わはりつつ、2枚もらった、という「前振り」があったので、余計におかしかったのです。


その後。

たかしが「インド人」という度に「ひゅ〜ひゅ〜」と言うので、さすがにたかしも怖くなり、私にはNGワードとなってしまいました。

でもまた見たくて、お昼にYouTubeで検索してみました。

そしたら、ちゃんとヒットしたので、また見たのですが、やっぱりおかしくて、私はまた「ひゅ〜ひゅ〜」言わせてました。

たかしがしんみりと「かあちゃんも、笑うねんな」と言うので、なんかいなと思ってよく聞くと、どうも私はあんまり笑わないと思われていたみたいです。

「ノンスタイル見ても、流れ星見ても、おもしろいな、とは言うけど、そんなに笑わへんし、かあちゃんはもう笑わへんのやと思てた」
「そら、かあちゃんでも笑うわいな」
「いろんなつらいこと、経験してるし、もう笑えへんのかなぁと思っててん」
「いや、まぁそんな時期もあったけどな」
「よかったぁ。かあちゃんが笑ろてくれて」
「そんな大層なもんちゃうやん」
「いや、安心したわ」
「そうか?」
「うん、ほんまに、よかった」

たかしは、なんかすっごく喜んでいました。

で、またYouTubeで見せられて「ひゅ〜ひゅ〜」言わされてます。
[PR]
by marurin373 | 2014-12-03 02:37 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

変身

たかしは、以前から「オレの考えていること」を語る人なんですが、なんかだんだんと変わってきました。

語りながら、腰をふったり、手を上げてみたり。

いつもそんな所作なので、訊いてみました。

「なぁ、その動き、なんなん?」
「あ、これ、クウガ。アギトは、こう。龍騎はこう。ファイズは、こんなんで、ブレイドは、こうで、カブトやろ?電王は、こうで、キバはこうで、ディケイドはこうで、ダブルやろ? オーズはこんなんで、フォーゼはこうで、ウィザード、ガイム、んでドライブは、こうやねん」

連綿と続く、平成ライダーの「変身のポーズ」を見せられました。

「そんなんは、覚えられるねんな」
「うん」
「勉強は?」
「なんか、頭に入らへんねん」
「とか言うて、なんもせーへんなんだら、どないするん」
「わかってるけど、あー! もういろいろわかってるし、言わんといて!」

たかしも「変身」したいのかもしれません。

でも、これだけは、本人次第。
私がいくら言っても、本人が「やる気」にならないと、どうしようもありません。

で、私が1人でイライラしてしまうのですが。

ほんまに、たかしに「変身」してもらいたいです。
[PR]
by marurin373 | 2014-12-01 06:39 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)