<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

18年

最近、たかしの中に「亡弟」の影を見ることが多くなってきました。

神経質で、私を冷ややかな目で見て、皮肉で注意するところ。

先日は、くもったグラスをティッシュで拭いているのを見て、驚きました。

そして、すぐに諦めて、いちいち理屈を並べたてるところ。

機嫌のいい時と悪い時の差の激しさ。

「似ている」ところがあってもおかしくはないのですが、あまりにも多いので、つい亡弟のことを思い出すことが多くなってきました。


父が亡くなった時、母が亡くなった時は「順番やしな」と納得しましたが、亡弟のことは、18年経った今でも、未だ乗り越えられません。

もっと話したらよかった、話しを聞いたらよかった、会えばよかった。

後悔ばかりです。

私達の行きつけのお店で呑んでいる時に、
「オレな、心臓が悪いねんて。そやし、早よ死ぬと思うわ」
という言葉を聞いた時、私は思わず泣いてしまいました。

「お姉ちゃん、もう泣かんといてぇや。もうこのこと、話せへんようになったやんか」と言われてしまい、その話しはそれっきり、聞かなくなってしまいました。

なんであの時、ちゃんと話しを聞かへんかったんやろ。

いくら後悔しても、もう元には戻りません。


たかしが、修学旅行には行かないという決断をしました。

行って、またしんどくなってしまい、また通学できなくなって、受験に失敗するのが嫌なんだそうです。

「行った後悔」と「行かなかった後悔」について、お医者さんとも、学校の担任の先生とも、私とも、何時間も何日も時間を費やして、話しましたが、たかしは頑なに「行かない」と言います。

ま、友達もいないので行っても面白くないのかもしれませんが、同じ経験をしたことで、新しい友達ができるんちゃうか、とも言いましたが、たかしは「行かない」の、一点張り。

私は、亡弟に言えなかった言葉、できなかった会話,後悔することはもう嫌なので、たかしにじっくり話しますが、たかしには届きませんでした。


私は、たかしを失うことを、必要以上に怖がっています。

怖くて怖くて、一言一言、考えながら話してします。

もう大事な人を、あんな方法で失いたくありません。

だから、もう怖いのです。

「過保護」と言われてみても仕方がありませんが、失いたくない一心で、毎日を過ごしています。

たかしの「生きる力」を信じないといけないのですが、私がそれを壊すこともあるのかもしれないと思うと、もう怖くて何も言えなくなり、結果、また後悔することになるのです。


たかしの「15の春」は、一体どうなっているんでしょうね。
[PR]
by marurin373 | 2015-05-28 04:17 | 思うこととかなど | Trackback | Comments(2)

「メケ・メケ」

先日、私が中学3年生やった頃の親友が、我が家まで遊びに来てくれはりました。

お昼前だったので、いろいろ買ってきてくれはり、食べつつ、お茶を飲みつつ、喋る、喋る、私。

話し相手が欲しくてたまらない私は、もう本当に喋りまくりました。

ちょっと申し訳なかったなぁと、反省しきりです。


彼女は背が高くて、中学の頃には、醸し出す雰囲気がもう「大人」で、私は憧れていました。

2人で「スネーク・マン・ショウ」を聴いて「隣にお父さんがいるんだからぁ」とか言いつつ、きゃいきゃい言うていました。

で、帰らはった後で、よくよく考えると、今のたかしの年齢で、そんなことを言って笑っていたのでした。

なんか改めて考えると、不思議な感じです。

そっか。

付き合っていた彼氏なんていう人もいてましたが、たかしには「女の子」の影すらありません。

うーん。

あの頃に、もう「わかって」いたようなことを言うてましたが、まだまだ「子供」で、思いっ切り背伸びしていたんやなぁと、恥ずかしくなります。


たかしも、もう「わかった」事を言いますが、まだまだです。

見届け人で、責任者として、寄り添って行こうと思います。

いつになったら、たかしに「彼女」ができるんでしょうねぇ。

その時の、私の心境の変化や如何に。
[PR]
by marurin373 | 2015-05-21 00:17 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

カレー

たかしが、言いました。

「その鍋でなんか作ってるってことは、しばらくおんなしご飯が続くんやな」

大きめの鍋で何か作っていると、暫く同じご飯が続くのですが、今日は、たかしの予想は外れました。

カレーではなく、豚汁でした。

ま、豚汁も暫く続くんですけどね。
[PR]
by marurin373 | 2015-05-18 00:23 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

返ってきました

気がつけば、もう五月ですね。


ずいぶん前の話しなんですが、自転車をほかしました。

他の自治体はわかりませんが、私の所では「大型ごみリサイクルセンター」に電話をして、600円のシールをコンビニで購入して、指定された番号を書いて、所定のごみ捨て場に朝の5時から8時に置いておく、という手続きをします。

で、私もその通りにして、600円のシールを買って、サドルに貼って夜中に置いておきました。

次の日。

夕方に、電話がかかってきました。

「自転車、出さはりましたか?」
「はい」
「自転車、ないんですが・・・」
「え」
「たぶん、誰かが持っていきよったんですな」
「そうですか」

捨てた自転車を、誰かが持っていったようです。

さて。

何日かして、警察から電話がかかってきました。

それも、西堺警察。

盗んだ犯人がわかったそうです。

ここで問題です。

被害を受けたのは、誰か。

「ごみ」として出したので、私の所有物では、ありません。
自治体も、自転車を受け取っていない。

警察は、自治体の環境局と相談してくれというし、自治体は警察と話しあってくれというし。

何が問題かというと、ここで「600円」というお金の問題があるからです。

結局、盗んだ人に600円支払ってもらい、自転車と共に私の元に返ってくることになりました。

その600円でまたシールを買って、ごみとして処分することに。

ややこしい問題に振り回され、今日、自転車と600円が返ってきました。

また電話して、ゴミとして処分しないといけません。

面倒です。
[PR]
by marurin373 | 2015-05-16 16:42 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)