<   2015年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

平成3年1月1日

先日、小さなVHSのテープを見つけました。

そのテープのケースには、私の字で「永久保存版」と書かれており、また、亡弟が描いた「どらえもん」が描かれていました。

一度は見たこともあるのですが、そのテープをDVDにしてもらいました。

カビも生えていたそうで、別に1080円もかかりましたが、31分の映像が、DVDで蘇りました。

たかしと観ていたのですが、そこには25才の私と、21才の亡弟と、そして今の私と同じ年の両親が写っていました。

たかしに「かあちゃん、細かってんな」と言われ、本当に恥ずかしい思いをしました。

そうそう、あの頃は、ウエストが55センチしかなくて、ジーンズも26インチだったと思い出しました。

猫の耳のような「耳」がついた赤いニットの帽子を被り、赤と黄と緑のボーダーのトレーナーを着て、上着はブランド物のブルゾンで、細いジーンズを履いています。

その姿を見て、たかしに「細いだけで、今の趣味やらセンスが、全く昔と変わってない」と言われ、私はただ「そら、人間、そう変わるもんちゃうもん」としか答えられませんでした。

亡父が撮っている時は、亡母と亡弟と私が、そして亡弟が撮っている時は、亡父が写っています。


元旦は、午前中に4人で、梅干しと結んだお昆布が入ったお湯呑みにお茶を入れて「お祝いやす」と言うお祝いをして、白味噌のお雑煮を食べて、それから父方のお墓参りをして、次に母方のお墓参りをして、最後に母方の実家に行く・・・というのが、毎年恒例となっていました。

父方のお墓のある本能寺に行くところから写っていました。

まだ分家である我が家のお墓は、砂利がひいてあるだけで、お墓は建っていませんでした。

私と亡弟は、その「砂利」に向かって手を合わせて「お父さん〜」とか言い、笑い、亡父が「ワシはまだ生きとる!」という小芝居をするのも、お約束です。

父方のお婆ちゃんも写っていて、よく怒られたけれど、今観てみると、きれいなお婆さんやなぁと思います。

お墓の後は本堂にお詣りです。
ま、初詣です。

そこで、思い出したことがありました。

お婆ちゃんが、私にもお年玉をくれはったんですが、亡父が「おねぇも、もろたんか」と言っているのです。

そうや。

私、お父さんに「おねぇ」て呼ばれてたんやった。

弟が亡くなってから、亡父は決して「おねぇ」と呼ばなくなってしまったので、忘れていました。

昨今「おねぇ」と呼ばれる方達がいてはりますが、その頃はそんな呼び名はありませんでした。

次に、亡父の運転で母方のお墓参りの為に「清浄華院」に行き、一通り済ますと、母方の実家に行ってます。

河原町通を走っているのですが、河原町の今出川の角にあったパチンコ屋さんを「あそこ、ワシの銀行やねん。たんとお金貯めてるねん」と言っている様子が写っています。

鴨川の横を上に上がって、私が大好きやったお婆ちゃんの家に。

その道中、何故か私は、ずーっとくしゃみが止まらないようで、写っていませんが、私がくしゃみをしている声が、もうずーっと聞こえていました。


亡母の実家は、お婆ちゃんと、お婆ちゃんの妹夫妻も一緒に暮らしていたので、亡母の従姉妹も家族で来たはります。

私は、お婆ちゃんちで、何かをずーっと食べっ放しです。

横では亡弟が、多分、お婆ちゃんちで、初めてタバコを吸ったようで、お婆ちゃんが録画している亡母の従姉妹に「ちょっと、この子がタバコ吸うてるとこ、撮ってやって」という声が入っていました。

従姉妹には「タバコの煙が目に沁みるやろ!」と突っ込まれ、鼻から煙を出したり、爪楊枝の先をテーブルに押し付けて丸くしてから、鼻と唇で挟んでみたり、本当にひょうきんな姿が写っていました。


「かあちゃんと、わーくんて、ずっと一緒にいてるな」
「そうやな」
「ずっと2人でしゃべってるな」
「そうやな」
「ほんまに、仲良かってんな」
「そうやな」
「わーくんて、面白い人やってんな」
「そうやな」

私は、もう、たかしの言葉に「そうやな」としか、答えられませんでした。

「みぃんな、死なはってんな」
「そうやな」
「ばぁばも、じぃじも、お婆ちゃんも、わーくんも、みぃんな死なはってんな」
「そうやな」
「・・・泣きそう?」
「いや、もうただ、懐かしいだけやわ」
「よかった〜」
「なんで?」
「こんなDVD見たら、かあちゃん絶対に泣くなと思ててん」
「もう泣き尽くしたわ」
「うん、ほな、よかったわ」

「この家な、最後は、ばぁばが住んではったし、たかしも行ったことあるやろ?」
「えっ? ほんま?」
「もう、忘れたか?」
「なんか感じが違うし、わからんかった」
「そうか」
「今、その家、どうなってるん?」
「もう潰して、新しい家が建ってて、新しい人が住んではるんやって」
「ばぁばが死んだ家やろ?」
「そやし、大家さんが建て直さはったんちゃうか?」
「・・・言うたら悪いけど、縁起悪いもんな」
「まぁな」

たかしが私に気を遣っているのが、ひしひしと伝わってきます。

なので、泣かずに観ようと覚悟を決めて、たかしと観たのです。

ほんまに仲のいい姉弟なら、何故、気付かなかったのか。

いくら考えても答えは出ないし、前に進もうと思って、亡弟よりも、たかしのことだけを考えて、生活していこうと決めたので、もう泣くことはありませんでした。


亡父の後ろ姿を見て、つくづく思ったことがあります。

亡父はかなり太ってはいますが、肩幅の感じが、たかしがそっくりなのです。

元オットは、すごい「なで肩」でした。

しかし、たかしは「なで肩」ではなくて「いかり肩」なのです。

肩の感じが、亡父と、たかしがあまりにも似ているので、驚きました。


また1人でゆっくり観てみようと思います。

泣くかも知れへんけど。
[PR]
by marurin373 | 2015-10-28 00:37 | 思うこととかなど | Trackback | Comments(0)

あ、と気付くと

さっき、何の気なしに、自分のブログを見ていたんですが。

もう書き始めてから、11年が経ってます。

本当に、もういろーんなことが、たくさんあり過ぎて、ネタには困りません。

この11年で、私とたかしを取り巻く環境も、大いに変わりました。

シングル・マザーになってからの方が、長くなったし。

たかしは、来春、中学を卒業するし。
いや、たぶん卒業できると思うし。

身長は170センチまで伸び、肩幅も広くなりました。

骨格がしっかりしているのは、私の亡父とよく似ています。

いくら食べても食べても、いつもお腹を空かしてはるので、私はいつもいつもご飯を作っていますが、なんで太らないのかが、本当に不思議です。

たかしに言わせると「ぜーんぶ、んこさんになって、出てしまう」ので、仕方がないのかもしれません。

私は、安売りの日を狙って買い物に行き、そして少し遠い業務スーパーにも行き、食料を調達しています。

野菜が高いと、本当に困ります。

「しろめしは、ちょっとでええ」という「おかず食べ」のたかしは、本当に野菜が好きなので、高騰すると、直ちに経済状態が悪化します。

しかも最近は「肉、肉が食いたい、肉!」と言うので、お肉も調達しないといけません。

天丼の宅配のチラシがあったので、ちらっと見て捨てようかと思ったら、たかしが「それ、ちょーだい」と言ってきました。

「何にするん?」
「えーやん、別に」
「こんなチラシ、要るん?」
「お腹すいた時に見るねん」
「そんなんしたら、余計にお腹、減らへんか?」
「それが困るところやねんな」

とにかく、たくさん食べられるということは、元気な証。

そして、かあちゃんは、今日もご飯をせっせと作るのです。
[PR]
by marurin373 | 2015-10-25 09:59 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

血液型

たかしが、私に訊いてきました。

「かあちゃん、親が離婚したら、オレの血液型も変わる?」

・・・ちょっとびっくりしました。

「そんなん、血液型は産まれた時からずっと変わらへんえ」
「オレって、確かRhのマイナスのA型やったなぁ」
「そうやなぁ」
「かあちゃんの血液型は?」
「かあちゃんは、Rhのプラスで、O型や」
「オレの血液型って合ってる?」
「なんで?」
「・・・とうちゃんが、RhマイナスのA型やって、言うてたなぁ?」
「そうやったなぁ」
「オレ、あの人と一緒なんが、イヤやねん」
「そんなん言うたかて、血液型は産まれつきのもんやさかいなぁ」
「いつ調べたん?」
「産まれた時に、胎盤から調べはったんえ」
「それ、合ってるん?」
「合ってると思うけど・・・」
「一回、調べ直してほしいねん」
「ほなな、18才になったら、献血に行ったらええねん」
「献血?」
「ほんで、調べてもろて、帰りにヤクルトかなんか、もろて帰ってきたらええねん」
「献血か・・・。かあちゃん、したことある?」
「かあちゃんは、ないねん」
「なんで?」
「いろんなお薬飲んでるし」
「そうか・・・」
「な。献血行きよし」
「・・・わかった・・・。とにかく、あの人と一緒なんだけは、避けたいな」
「なんでそんなにこだわるん?」
「一緒やったら、お酒呑んで、かあちゃんやら奥さんとかにな、ひどいこと言うたり、子供を虐待したり、仕事せーへんかったり、とにかくめちゃくちゃな大人になりたくないし」
「それは、血液型と関係ないと思うえ」
「・・・そうかなぁ・・・」
「取り敢えず、かあちゃんは、たかしが、あんな事とかは、絶対にせーへんように思うけどなぁ」
「・・・そうか?」
「うん、関係あらへんて」
「・・・うん・・・」
「生き方が違うやん」
「そやなぁ」
「反面教師ってこともあるし」
「うん」
「かあちゃんは、たかしは、じぃじと似てるて、いっつも思てるよ」
「じぃじ?」
「じぃじも、わーくんも、A型やったんえ」
「ほんま?」
「ほんま。そやから、安心し」
「うん」

たかしは、そんなことまで悩んでいたのでした。

本当に、元オットに対しては、イヤな思い出しかないようです。

私が足の手術で、長い間入院している時、本当にいろいろあったようです。

そんなに多くは言いませんが、時折、ぽつりぽつりと話すことがあります。


12日の月曜日、私の高校の同窓会が京都であり、二次会まで参加しました。

私は、もうお酒は呑まないので、レモンティーしか飲んでいませんでした。

しかし、たかしが「かあちゃん、お酒呑んだ?」と、訊いてきました。

「全く呑んでへんよ」
「ほんまに?」
「かあちゃんが、もうお酒は呑まへんのは、たかしが一番よう知ってるやろ?」
「でも、お酒呑むお店の、臭いがする」

元オットが、まだ2・3才だった、たかしを連れて、深夜遅くまで、毎晩のように呑みに行っていたらしいので、たかしにとっては「お酒を呑むお店」には、イヤな思い出が、あの独特の臭いと共に、あるようです。

もう10年以上も経つのに、今もその「臭い」が忘れられずにいてるようです。

そんな時、私は、幼いたかしを傷付けていた、元オットに対して、今も怒りの念が沸いてきます。

・・・かわいそうなことをしました。

守ってやれなかった、私の責任でもあります。

だから、今、存分にたかしのことを考えて、生活をしています。

いつか、私の元から離れてしまう、その時まで。

そして、その傷が癒える、その時まで。

いつまでも、よく気が付いて、優しい、たかしでいてほしいです。
[PR]
by marurin373 | 2015-10-19 03:54 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

検査結果

たかしの、検査結果を見ると、タンパクも血尿も、2+。

そして、私が病院で検査を受けて、結果を見ると、なんと、たかしと同じ数値。

やっぱり、たかしの腎臓が悪いのは、私の遺伝だと確信しました。

申し訳ない気持ちもします。

第一志望の高校も、第二志望の高校も諦めて、たかしも私も考えていなかった、単位制の高校を探して、資料を取り寄せて、今度学校説明会に2人で行くことにしました。

なんとか道が拓けますように。

そして、高校の間に、腎臓を治して、無事たかしのしたい仕事ができますように。

できたら、大学にも行けたらいいのになぁと思いますが、プレッシャーになるといけないので、今は黙っておくことにします。

私の不安も心配も、顔には出さないように、気をつけています。

ここは、なんとか、たかしに頑張ってもらわないと。

今夜も2人で減塩食を食べます。
[PR]
by marurin373 | 2015-10-12 09:38 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

苦言

「もう、それ以上、ピアスの穴開けるのやめてくれへんか?」

たかしが、私に苦言を呈しました。

「なんで?」
「髪の毛も赤いし、どうしてん」

私も、なんか無性に腹が立ってきました。

「あのな、かあちゃんはな、せなあかん時は、ちゃんとしてな、頑張って試験受けて受かったり、免許とって先生の仕事もしたし、今もせなあかん時はちゃんとして、その上で、したいことしてるねん。せなあかん時に何にもせーへんあんたに言われる筋合いはない」
「その頭にしてから、先生に会った?」
「出さなあかんプリント、かあちゃんが学校に持って行ったやんか」
「ふ・・・ん。ほな、もうええわ」

たかしの中で「お母さん」というイメージがあるのかもしれません。

でも、個性というものもあるのです。

たかしは、すぐに「もう50才やのに」と言います。

ほな「もう受験やのに」と、言い返すこともできるかもしれません。

しかし、それは言わないように、私もじっと我慢しているのです。

病気のこともあるし、本人が一番しんどいのだと思うから、何も言わないようにしているのですが、でもちゃんと言うべき時もあるかと思い、言ってみたのですが・・・。

それから、私が買っておいた参考書を読んだりしているようです。

たかしの「15の春」は、喜ばしいものであってほしいものです。
[PR]
by marurin373 | 2015-10-06 15:32 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)