<   2015年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

願書

つい先程、たかしが受験する高校の「願書」を書きました。

書きながら「本来は、たかし本人が書くべき書類だったのでは?」とも思いましたが、もう書き出してしまっていたので、そのまんま私が書くことにしました。

貼り付ける為の写真は、中学で、みんな一斉に順番に撮ったらしく、しかもシールになっています。

裏には、たかしの名前と生年月日を書かないといけないのですが、シールなので、油性の細いペンでも書きにくかったです。

端っこを少しづつハサミで切り、調節しながら、漸く写真の完成。

それだけで、なんか一気に疲れました。

間違えないように、ボールペンで書かないといけません。

注意書きには、フリクションのような「消えるペンでは書かないでください」と書かれていたので、とにかく、間違えないように、丁寧に書いていきます。

緊張すると、たかしの名前を書かないといけないところに、自分の名前を書きそうになり、何度も失敗した経験があるので、要注意です。

来月の17日までに、郵送ではなく、たかしが持参しないといけないのですが、提出日は空欄のままです。

課題の作文も、もう清書してもいいと、中学の担任の先生が言わはったらしいのですが、たかしは、その清書した作文を先生に見せてから、提出するつもりなのです。

まぁ、なんにせよ、念には念を入れるつもりらしいので、たかしも受験のことを真剣に受け止め、本当に緊張していることがわかります。

口内炎や、ひどい胸焼け、口唇ヘルペスを親子で作り、2人して、なんとも言えない緊張感漂う雰囲気になっています。

12月も、もう始まります。

笑ってクリスマスを迎えたいと、心の底から願います。
[PR]
by marurin373 | 2015-11-30 01:26 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

修行だと思うことにする

アメニモマケズ

オノレノ ヤマイニモ マケズ

タカシノ ジュケンノ プレッシャーニモ マケズ

ヨルハ キチント ネムレ

イチョウモ コワサズ

イツモ ニコニコトシテ

タカシヲ ゲンキヅケラレル

ソンナ ハハオヤニ

ワタシハ ナリタイ
[PR]
by marurin373 | 2015-11-28 02:15 | 思うこととかなど | Trackback | Comments(0)

本棚と押入れ

「かあちゃん、あのな、ここの辺な、片付けてな、本を本棚に入れて、この中に入ってるもんをな、あっちのケースに入れて、押入れに入れたらどやろ?」

たかしの「現実逃避」です。

かくいう私も押入れの整理をしました。

親子揃っての「現実逃避」です。


私は、中学や高校、大学の定期試験の前になると、部屋に掃除機をかけて、机の上を整理して、ベースの練習をするという「現実逃避」をしていました。

私が、部屋で掃除機でぶぃーんぶぃーんいわせ、やがてベースの音がすると、亡母は「もうじきテストがあるんやな」とわかったそうです。

どうも「片付けたくなる」という癖は、たかしにも受け継がれていたようです。


課題の作文も、なんとかこうにか、カタチになりつつあり、後は中学で面接の練習です。

今月中には、願書を提出するという予定なので、たかしには頑張ってもらわないと。

その後で「人事を尽くして天命を待つ」状態というか「後は野となれ山となれ」状態というか、そうなったら、部屋の大掛かりな片付けと模様替えを、2人ですることにしました。

それまでは、頭の中で「あれをここにして、これをあっちにやって・・・」と、計画を練るのみにします。

それにしても、もう11月が終わろうとしています。

たかしの胃腸も調子が悪く、いつも「胃が痛い」と言っています。

ま、たかしにとっては、初めての大きな試練。

充分に味わってもろて、精神的にも強くなってほしいです。
[PR]
by marurin373 | 2015-11-25 18:03 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

ナイショで

たかしに「もう、ピアスあけるの、やめてくれへんか?」と言われていたのですが、なんか無性に、また、あけたくなってしまい、いつもの皮膚科を予約して、ふたつ、あけてもらいました。

ここの皮膚科は、ひとつあけると2000円、ふたつやと3000円です。

最初は、片方の耳だけにしようかと思ったのですが、また、ひとつあけるとなると、2000円かかるので、一気にふたつ、あけてもらいました。

前回は、お医者さんも「ホンマに、ここにあけるん?自己責任ってことでいい?」などと言うてはりましたが、今回は、もう何にも言わないで「ほな、いくね〜」との掛け声とともに、ばちんとあけてくれはりました。

私は、痛点がないのか、それとも痛み止めを飲んでいる為なのかどうかわかりませんが、全く痛みを感じませんでした。

「ピアスは、耳の上の方にあけると、痛い」と聞いていたので、覚悟はしていたのですが、なんか肩透かしでした。

幸い、というか、未だにたかしにはバレておらず、私も知らん顔しています。

まぁ、受験前で、ご飯もいつもの量の半分くらいしか食べなくなったし、すぐにお腹も痛くなっているようなので、私の耳をじっくりと見ることもないせいかもしれません。

ファーストピアスは、4〜6週間、つけたまんまにしておかなければならないので、年明けには好きなピアスをつけることができそうです。

そうなったら、さすがのたかしも新しいピアスの穴に気付くと思いますが、さて、なんと言われるのか。

「あける覚悟」よりも「たかしにバレる覚悟」をしておかなければいけなくなりました。
[PR]
by marurin373 | 2015-11-24 03:01 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

幼い頃のオレ

「かあちゃん、オレな、もう小さい子供とちゃうしな、かあちゃんがトイレ行っても泣かへんからな、戸閉めて、し」

・・・たかしに注意されました。

たかしがまだまだ幼い頃、私がトイレに行くと、それはそれは泣くので、仕方なく膝の上に乗せていました。

すると「かあちゃん、くしゅしゃい」と言われてしまい、考えた挙句、トイレの戸を開けて、たかしの顔が見えるようにしていたのでした。

その癖が直っていないのか、私はトイレの戸を閉めるということを忘れていたのです。

「あ、ごめん」と謝り、ちゃんと戸を閉めるようにはなったのですが、どうも忘れてしまう時があり、しばしば開けたまんま、という時があるのです。

お恥ずかしい限りです。

たかしに注意されてから、気を付けています。

たかしが泣いて泣いて、トイレの中にまで付いてくるような年ではないのに、私だけ、成長していなかったようです。

もう10年以上経つのになぁ。

本当に、子供は、思いの外早く大きくなってしまいます。

かわいかった、あの頃のたかしは、一体どこにいってしまったのでしょうね?
[PR]
by marurin373 | 2015-11-20 19:56 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

ピアス

さて。

日付が変わり、無事、私も49才になることができました。

人工透析もせず、人工骨頭の入れ替え手術もせずに、この年まで生きてこられたことが、不思議でもあり、ありがたいことでもあります。


私は、29才の誕生日に、初めてピアスをあけました。

「ピアスをあけたい」という私に、亡父は頑として受け入れずにいて、
「立派な両親からもろた大切な身体に、傷つけてまでそんなことする気か!」と、いつも言っていました。

お父さん、思うんやけど「立派な」を入れる位置が違うえ?というツッコミを入れられないくらいに、怒っていました。

それで、ずーっと我慢していたのですが、29才になり、もう来年は30才やし、もう自分の身体に好きなことをしてもええやろうと思い、第二日赤の形成外科で、当時1万円支払って、ピアスをあけたのでした。

亡父は、そんな私を見て、苦々しそうに「なんでそんなことしたんや」と言うので、私は「反抗期の再来」とだけ言い、それからは、もう亡父はピアスに対しては何も言わなくなりました。

そして、今年。

新たに、2つの穴をピアッサーで自分であけ、そして4つを皮膚科で5千円であけてもらいました。

今では、たかしが「かあちゃん、もうお願いやし、もうそれ以上、ピアスの穴、あけんといてな」と言います。

訊くと「なんか、痛々しい」と言います。

私本人は、全く痛みもなく、ピアスを選ぶのも楽しいのですが、たかしに「痛々しい」とまで言われて、これ以上はあけないでおこうかなぁとは思っていますが、またどこかにあけたくなるかも知れません。

取り敢えず、49才は、何事もなく、そして平穏無事に過ごしたいと、心底思います。
[PR]
by marurin373 | 2015-11-16 01:18 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(2)

ドレッシング

たかしと、テレビを見ていました。

「かあちゃん、」
「ん?」
「あんな、エルニーニョってな、ドレッシングかけると、うまいねん」

たかしよ。

かあちゃんは「エルニーニョ現象による暖冬と、太平洋側の雨や雪」よりも、君の将来が心配です。

「モホロビチッチ不連続面は?」
「あれは、塩胡椒で炒めるねん」
「ビルトインスタビライザーは?」
「タバスコかけると、合うねん」

何ですか、君にとっての「なんや訳のわからんカタカナの言葉」は、全て食べ物なんですか?

「けどな、エルニーニョ、てな、サイゼリヤのメニューに載ってそうやん」

まぁ、言われてみればそうですけどね。

嗚呼、たかしの未来や如何に。
[PR]
by marurin373 | 2015-11-13 02:41 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

メンタル

「かあちゃん、あのなー、オレ、ラーメンは2袋が当たり前やったのになー、最近、多いて思うようになってんー。それになー、お腹が空いたって感じが、なくなってきてんなー」

たかしが?

あの、1日で6食は食べる、あのたかしが?

えっ?

そ、それは大変や!

いや、しかし。

受験日も決まり、しなければいけない事も決まり、しかも面接の練習や、作文指導の為に、中学に通わないといけなくなって。

精神的に、ちょっと、追い詰められてるのかも知れません。

なので、私は
「それはな、受験が迫ってるからな、精神的にそう思うようになっただけえ。そやし、受験がすんだら、またいっぱい食べられるようになるわ」
と、たかしに告げると「ふ〜ん」と、なんとなく納得した様子。

まぁ、誰でも、受験が近づくと、そんな風になるのかも知れません。

私は、自分の受験の時よりも、たかしの受験の方がしんどいです。

しかし、私が先にしんどくなっている様子を見せるのはよくないと、必死で我慢しています。

作文の内容も、私は夢にも出てくるくらい、文章を考えている様子です。

面接もあるし、ピアスも、小さな目立たないものを買いました。

でもよく考えてみると、私よりもたかしの方がしんどい筈。

そら、食欲もなくなるわなぁ。

しかも、すぐにお腹も痛くなるし。

取り敢えず、かあちゃんは学費のために、東奔西走します。
[PR]
by marurin373 | 2015-11-08 00:34 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

課題

たかしが、課題である作文を書いていたようなので、こっそり見てみました。

そこには、いくつかのポイントを押さえた文章が書かれていましたが、目にとまった、一文が。

「高校は、ちゃんと3年で卒業して、人並みの幸せを手に入れたいです」

人並みの幸せ・・・。

まだ15才の子供が書く文章ではありません。

私は、かなりショックを受けました。

今、たかしは、幸せではないのか?

「人並みの幸せ」という言葉が、私の心にずっしりと響きました。

悲しくなってしまう、一文でした。

こんな文章を書かせてしまうなんて。

私の力不足を痛感しました。
[PR]
by marurin373 | 2015-11-03 12:49 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

学校説明会

先日、たかしと2人で決めた高校の、学校説明会に行ってきました。

単位制で、しかも通信制の高校です。

たかしは「週に1日」の登校のコースを選びました。

説明会の途中、横に座っているたかしを、ちらちらと見ていたのですが、じっと前を向き、微動だにしません。

何を考えているのか?

何を感じているのか?

ただ眠いだけなのか?

ある程度の説明のあと、生徒は別室で英会話の勉強をして、その間は保護者に対して、学費の説明です。

正直、気が遠くなりました。

絶対に公立に行くと思っていたのに、私立を選んでしまったので、仕方ありません。


その後、個別相談会です。

そこでも、たかしはじっとして、何も話しません。

それで、ついつい私がしゃべることになり、言い過ぎた点もあったかもと、反省しています。


そして、受験日が決まり、たかしは課題の作文、そして面接なのですが、保護者同伴なのです。

私の髪の毛は、所々ピンク色なので、当日は「コクサイ」でごまかすことにします。

たかしは、なかなか作文に取り掛かろうとはしません。

それに、中学に行って、面接の指導もしてもらわなければいけません。

中学の担任の先生が、説明会の次の日に家に来られて、たかしに「今、全く学校に来てないのに、4月になって、突然高校に行けますか?」と、厳しい質問をされていました。

たかしは「生活を改めて、覚悟を決めました」とだけ、答えていました。


受験日が決まってから、私は眠れなくなりました。

果たして、合格するのか?

合格しても、ちゃんと通えるのか?

それに、学費。

区役所に行ったり、国や県に問い合わせたりしていますが、どこも「合格が決まってから」ということなので、それまでに、少しでもお金を貯めなければいけません。

もう、ピアスも、帽子も、靴も、我慢します。

どうにか、合格しますように・・・。

そして、ちゃんとお金を納めることができますように、かあちゃんは、奔走します。
[PR]
by marurin373 | 2015-11-01 08:41 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(3)