<   2015年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

マイナス5キロ

先日、たかしの受験の面接がありました。

「保護者同伴」なので、私も一緒です。

髪の毛は、濃紺に染め直して挑みました。

たかしに対してではなく、私が主に答えなければいけない面接でした。

あれでよかったのかどうか、よくわかりませんが、取り敢えず、受験は終わりました。


そして、次の週の火曜日。

我が家に簡易書留が届きました。

たかし、高校に合格です。

私は思わず泣いてしまいました。

たかしは「これって、ごうかくて漢字やんなぁ?」と言っています。

2人して、気が抜けたようになり、暫し呆然としました。

学校にも届いている筈ですが、とにかく電話して報告をしようとしたのですが、教頭先生に「合格しました」という一言が泣けてしまって言えず、担任の先生とも泣いてしまってちゃんと話すことができなかったので、たかしに代わってもらいました。

クラスで一番最初に進路が決まったそうです。

たかしは、その後「なんかな、胸につっかえてたもんがとれたし、ちょっと寝るわ」と言って、寝てしまいました。

たかしに、サクラが咲きました。

私は、もうずっと食べ物が喉を通らず、5キロ痩せましたが、嬉しさでまたリバウンドしそうです。

嬉しいクリスマスを迎えることができます。
[PR]
by marurin373 | 2015-12-24 13:07 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(6)

我が家は、たかしが通う中学校に比較的近いので、登下校する生徒さんをよく見かけます。

家の中にいても、はしゃぐ声や、ふざける声が聞こえてきます。

確かに、あの「輪」の中に、たかしもいました。

同じようにふざけ、はしゃぎ、そして「お前んち、家近こうてええねぇ」と毎日言われて、帰ってきていました。

いつから、あの「輪」の中からいなくなってしまったのか?

お医者さんが、たかしに
「病気が治ったら、一番に何がしたい?」と訊かはると、たかしは「学校に行きたい」と、即答していました。

だから、いつも言います。

「オレは、不登校とちゃう」と。

「病気で、行けへんだけや」と。

「元気で、健康やったら、毎日行って、勉強して、部活もしたい」と、言います。


始業式から学校に行き始め、3・4週間経った頃になると、たかしは「かあちゃん、しんどいし、今日は休む」と、言い出します。

そしてそのまま、長期欠席となってしまうという繰り返しでした。

その度にたかしは挫折感を味わってきたのです。

お医者さんとも話したのですが、私も「これ以上、挫折感を味わってほしくない」ということで、意見が一致しました。

それで、選んだ高校です。

その受験日が、近付いてきました。

今、漸く、たかしの寝息が聞こえてきました。

夜は寝られず、食欲もなく、胃腸の具合も悪くて、本当に緊張したはります。

それだけ、自分の人生の分岐点に対して、真剣に向き合っているんだと思います。

私は、ただ見守るだけです。

それが如何に難しいことか。

私にとっても、試練です。
[PR]
by marurin373 | 2015-12-14 10:04 | 思うこととかなど | Trackback | Comments(0)

胃腸

現在、我が家には、胃腸の調子を崩している者が2人、眠れない者が2人います。

受験の日が近付いてくるにつれて、その「不安」は、どんどんと大きくなってきています。

たかしは毎日「胃をな、誰かがつまんでる感じがしてな、そのつまんでる手があるから、気色悪いねん」と訴えます。

「果たして、来年の春、自分の居場所はどこになるのか」ということに、やっと不安を感じ始めたようです。

「そやしな、今できることをな、精一杯したら、不安も消えていくねんて」
「そやけど、面接なんか、何聞かれるか、さっぱりわからへんのやもん」
「そらそやけど、わからへんことやら知らんことを聞かはっても、それをどう答えるか、とか、対策はあるやん」
「んもう、どんどん日が近付いてくるし、胃腸はぼろぼろやし、もう、どないしょ!」

毎日、同じ会話をしています。

実は、私も、夜は眠れません。

来年の春、たかしは一体どうしているのか?

「入学式に着ていくジャケット、これでええなぁ」
「いや、受かってから」

「かあちゃん、学校行く時のカバン、これでええかなぁ」
「いや、合格したらな」

「室内履きのスリッパ、クロックスでええかなぁ」
「いや、受かってから」

「いままで制服やったから、通学の服も買わなあかんなぁ」
「いや、合格したら、考えよ」

お互い「受かったら」の話をしますが、どちらかが、それを制止します。

安心して「入学式に着ていく服」や「通学のカバン」や「室内履き」について、話し合って、買いに行きたいです。

私も整腸剤を飲んで、でも普段通りの顔をして、過ごすことにしています。

内心は、もう、ひやひやもんなんですが。

いっそのこと、もう早く済ましてほしいとさえ思います。

受験前というのは、自分の時でもそうでしたが、本当に胃腸に悪いです。
[PR]
by marurin373 | 2015-12-11 03:24 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

第2段階

今、たかしが「願書」を持って、高校に提出に行きました。

朝一番に中学校に行き、担任の先生に清書した作文を見せ、調査票を受け取り、そして「忘れもんはないか、忘れもんはないか、」と言いつつ、ひとつひとつ確認して、出掛けました。

たかしがひとりで行くのは、これが初めてです。

「もしな、道に迷たらな、どしたらええ?」とか「忘れもんあったら、持って来てな」とか「しんどなったら、迎えに来てな」などと、弱気な発言ばかりしていました。

「かあちゃん、メモ帳、ない?」と訊くので、本当は合格したら渡すつもりだった手帳とペンを渡しました。

「うわ、こんなんもろてええん?」と言うので「合格したら渡すつもりやってんけどな」と答えると「その一言が、んもうすっごいプレッシャー!」と叫び、でもメモ帳は嬉しかったらしく、制服のポケットに入れていました。

「ほな、行ってくる」
「はい、行っといで」
「かあちゃぁ〜ん」
「なんやいな」

ここで、何故か握手。

「気ぃ付けて行っといで」
「いってきまーす」

たかしは、今朝からずっと頭痛がするらしく、よれよれと出掛けはりました。

試験日まで、あと・・・。

2週間と少しとなりました。

8日には、2人揃ってサンパツにも行きます。

私のピンクのメッシュも、一時封印。

さて、どうなることやら・・・。

なんか私まで胃が痛くなってきました・・・。
[PR]
by marurin373 | 2015-12-03 10:51 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)