<   2016年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

46

8月21日は、亡弟の誕生日でした。

何故か、この日は忘れることができずにいます。

26年間、姉弟やったからかもしれません。

「もしも、生きてたら、何才になってるんやろう?」

そんな不毛な考えが、頭から離れません。

私の年齢マイナス4、です。

だから、すぐにわかるのですが、だからといって何もありません。

「何年前に亡くなったか」は、考えないとわからない時もありますが「もし、今もいてくれてたら、何才か?」は、すぐにわかってしまう・・・だから、また悲しみが新たになるので「もう考えるのはやめよう」と決めた筈やのに、毎年この日になると、思い出してしまいます。

あと、10年で、たかしが亡弟の年齢になります。


たかしが、お線香を立てるところに、爪楊枝を立てて遊んでいたので「ちょっと、そんなんしたらあかん」と叱ったら。

「かあちゃんあのな、ここに入ってはる人らはな、勝手に死んでいって、遺されたかあちゃんに、ものすっごい迷惑かけはったんやろ?そやのに、なんで毎日お水あげて、お線香立てて、チーンて鳴らさなあかんねんな」

と、言われました。

確かにそうです。そうなんです。

でも、やっぱり、私にとっては「大事な家族」なんです。

「ばぁばなんてな、あんだけ、かあちゃんにガミガミ言うてて、そやのに○ちゃんの面倒もちゃんと見んと、病気にしてしもて、死なしてしもたやん。かあちゃんが小さい頃は、ネグレクトしてたんやろ?ほんで、たくさんの借金だけ遺して、勝手に死んで、全部かあちゃんに押し付けはったやん。そやのに、なんでお水あげなあかんねん」

・・・確かに、全てたかしの言う通りです。

今も、私は亡母のしたことを許してはいません。

「うん、でもな、死なはったら、みぃんな、仏さんにならはるねん」

「そんなん、理由にならへん」

少しづつ和らいでいた私の心は、またざわざわとし出しました。

「かあちゃんかってな、いろいろ思うことはたくさんあるねん」

それしか、言い返せませんでした。

思春期のたかしは、時に優しく、時に暴力的なことを言います。

たかしも、もう少し大人になると、また変わるかもしれませんが・・・。


そして、私は今朝もお水をお供えし、お線香を3本立て、チーンと鳴らすのでした。
















[PR]
by marurin373 | 2016-08-21 22:49 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

jfc118

「かあちゃん、もう見んとき」

毎日垂れ流される、SMAPに関する、ネットニュース。

何が真実なのか、ちっともわかりません。

で、載ってると、つい見てしまうのです。

その度に、哀しい気持ちになるので、たかしに止められました。


今日、最後の会報が送られてきました。

こんな哀しい気持ちで受け取ったのは、初めてです。

9月には、予定されてた「25周年記念品」も、予定通り送られてくるそうです。

なんか・・・なぁ、と、溜め息ばかりの夏となりました。











[PR]
by marurin373 | 2016-08-20 19:31 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

昨日、スマステーションを見てたら、なんか慎吾くんの目が赤くて、今までと感じが違ってて。

「全部終わった」て感じで、笑顔やって。

スマステが終わって、NHKでテニス見てたら。

そしたら、速報が。

「2016年12月31日で解散」

やっぱり、そんな結末になってしもたんか・・・。

いろんな人が、いろんなことを言うさかい、何も読みたくない。

本人達にしか、わからへんことが、きっとあるんやろな。

コンサートには、ちゃんと行ってたし、この間、ファンクラブの更新もしたのに。

「返金します」て、ちっとも嬉しくない。

9月には、会報が届いて、それで終わりらしい。

憶測で、いろんなことを言う人達がいてるけど、所詮は他人事。

好きなこと言うてはるし。

昨日は、全く眠れなかった。

たかしが、なんか優しい。

「・・・泣きそう?」て、訊いてきはる。

不思議と、泣けない。

呆然としてる感じ。

「かあちゃん、しんどかったら、晩ご飯、オレが作るけど」

いやいや、あの5人よりも、たかしの方が大事。

当たり前か。

ちゃんと晩ご飯作ったら、いつもは言わへんのに「おいしいなぁ、おいしいなぁ、」と言って、食べたはる。

気ぃ使ってくれたはる。

ま、いつの間にか、誰も何にも言わなくなるんかな。

年末、何があるんかな。

これで、ホッとしはったんかな。

やっばり、哀しいなぁ・・・。

「一時代」が、終わったんやな。














[PR]
by marurin373 | 2016-08-14 20:39 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

彼の地より

「かあちゃん、お盆やさかい、お墓まいり行かなあかんな」
「何言うてんねんな。お盆いうたらな、地獄の釜のフタが開いてな、みんな還ってきはるねん。そやし、お墓行っても、からっぽえ」
「そうなん?ほな、じぃじやら、どこにいてはるん?」
「ここにお位牌あるさかい、ここちゃうか?」
「間違うて、京都で道迷ったりしてはらへんやろか」
「わーくんやったら、ありがちやな」

みんな、還ってきたはります。

夢に亡父や亡弟が頻繁に出てきます。

たかしが、心配そうに言います。
「かあちゃん、寝ながら泣いてるけど・・・」

今朝は、亡弟のお葬式をしている夢を見ました。

それで、かなり泣いてたらしいので、たかしが心配して
「かあちゃん、かあちゃん、」と、起こしてくれました。

また、あんな悲しい思いをしてしまいました。


お盆の時は、何日目にはこれ、何日目にはこれ、と、お供えものの決まりがありました。

でも、何にも教えてもらえませんでした。

「お迎え団子」を、祖母や母と、こねこねと作り、作りすぎたお団子は、あんこの缶を開けて、こっそりと食べていたのを思い出します。

せめて、白玉だんごの粉を買ってきて、お団子を作って、お供えすることにします。


「かあちゃん、還ってきはったじぃじやらは、いつまでいたはるん?」
「五山の送り火て、あるやろ?あれを目指して、またあっちに行かはるねん」
「ここからやったら、遠いなぁ」
「そやなぁ。そういうたら、ここいらのおしょらいさんは、何目指していかはるんやろなぁ」
「・・・大文字ちゃうん?」
「・・・今まで、考えたことなかったけど、大文字かなぁ?やっぱり」
「遠いのになぁ」
「まぁ、私らがここにいてるんやさかい、頑張ってもらお」

いつまでも「ここ」にいてくれはったら、ええのになぁ。














[PR]
by marurin373 | 2016-08-12 13:07 | 思うこととかなど | Trackback | Comments(0)