<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

酉年の絵

たかし画伯に「酉年」の絵を描いていただきました。

今年はずっと、この「酉年」の絵が、トップに貼られることになります。

たかし画伯の気紛れで、また変わるかもしれませんが・・・・。








[PR]
by marurin373 | 2016-12-31 21:02 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

取り敢えず

毎年、年賀状のデザインはたかしがしているのですが、諸般の事情により、年賀状が送れなくなりました。

で、このブログのトップの画像は、その年の年賀状の絵を載せているのですが、たかしが「酉年」のデザインをしていないので、取り敢えず、以前たかしが落書きをしていた「鶏」の絵を載せることにしました。

また、改めて、たかしに「酉年」の絵を描いてもらったら、それを載せることにいたします。










[PR]
by marurin373 | 2016-12-31 03:03 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

ロス

この1年は、とても辛い1年でした。

いろんな報道に振り回され、本人たちから何も語られることなく、2016年は終わります。


それと、毎週YouTubeで2話づつ配信されていた「仮面ライダー龍騎」が、30日に終わりました。

たかしにネタバレされていたのに、やっぱり泣いてしまいました。

「毎週楽しみにしていたもの」がなくなり、いろんな「ロス」に陥っています。

来週からは「555」が配信されるので、ま、そっちはいいのですが。


「ブルーマンデー」の夜の重い気持ちを吹き飛ばしてくれる、あの番組も終わりました。

どこか信じられずにいて、けどやっぱり元の鞘に収まるんちゃうのん?なんて、自分をごまかしていましたが、やっぱり、最終回がやってきました。

来年は、どうなるのか、全くわかりません。

取り敢えず、金曜の夜のラジオを楽しみに聴いて、なんとか自分をごまかしたいと思います。









[PR]
by marurin373 | 2016-12-31 00:41 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

カエル

最近、たかしの様子が変わってきました。

今迄は、1人で部屋を暗くして、スマホで動画やなんかを観てにやにやして、私がいる部屋にはご飯を食べる時くらいしか一緒にいませんでした。

それが、また私がいる部屋に、ご飯以外の時でも一緒に座ってる時間が増えてきました。


先日のこと。

「かあちゃんて、ニコニコとかって、観ることある?」
「ないなぁ・・・。流れてくるコメントばっかりに目がいって、肝腎の画像が見られへんねん」
「ま、ありがちやけどな」
「そやさかい、観ることは、まずないな」
「・・・かあちゃんに、観てほしい動画があるんやけど・・・」

と、言って、私のMacで検索して。

「・・・これなんやけど。コメントも、消すし、取り敢えず、観てみてほしいねん」

そこまで言うなら、と、観たのです。

シャイダーやらシャリバンやらギャバン。
ウルトラマンがたくさん。
技の1号、力の2号。
V3に、ライダーマン。
それに、戦隊モノ。
平成ライダーが、たくさん。

「あれやなぁ、何年かに一度は、忍者ものが出てくるな」
「ええし、観てて」

ゴジラ、ミニラ。

うーん。

「かあちゃん、懐かしい?」
「そやなぁ、懐かしいけどなぁ、戦隊モノは、ゴレンジャーぐらいしか観てへんねん」
「なんで?」
「なーんか、ん〜ん、仮面ライダー派やったし、戦隊モノの頃は、もう大きなってたんちゃうか?」
「そっか・・・」
「かあちゃんは、ウルトラマンと同い年でな、5才くらいから仮面ライダーが始まってん」
「ふ〜ん」
「今みたいに、1年毎と違たし、ずーっと仮面ライダー観てた気がする」
「そっか・・・」

どうやら、たかしは「この動画は、かあちゃん向きや」と思い、私が喜ぶと思って、勧めてくれたのです。

でも。

なんで、ライオン丸が出てない?
アースが生んだ正義のマグマ大使は?

そして、私の初恋の赤影さんは?
最終回で、青影が赤影さんのアイマスクをしてたから、やっとご尊顔を拝めると思ったら、金色のアイマスクをしてはって、がっかりした覚えもあります。

仮面ライダーも、Xライダーや、ストロンガーが出てない!

平成ライダーなんて、響鬼くらいからしか観てないし。

この動画は、古すぎて、新しすぎて、私の心の琴線に触れることはなかったのでした。

けど、たかしが「かあちゃんが喜ぶかも」と思って、観た動画。

貶すことはできません。

それに、名前がすぐに出てこなくて「えーと、あれあれ」とか言うてる間に、もう違うヒーローが出てくるし。

それが、約1時間。

堪能いたしました。

お陰様で、また頭の中で、デュラン効果で同じ歌がぐるぐるしています。

「ウルトラのヒキガエル
 ウルトラのアマガエル
 そしてタロウが ウシガエル」



あ、ブログの背景ですが、解散のショックで変えることにしました。








[PR]
by marurin373 | 2016-12-23 04:59 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

「ツボ」

 ここ何年か、たかしとマトモに面と向かって話し合う、ということはありません。

私が起きている時は、たかしが寝てたり、たかしがニヤニヤしながら動画を観ている時は、私が寝ていたり。


先日、たかしが寝ていたので、私も早いけど寝てしまおう、と、パジャマに着替えて・・・と、寝る用意をしていたちょうどその時、たかしが「おはよぉ〜」と起きてしまいました。

「かあちゃん、寝るけど」
「オレ、腹減って仕方ないさかい、起きてしもてん」
「なんかあるさかい、食べときぃな」
「オレは、愛の込もった手料理が食いたいねん」
「・・・んもう、しゃあないな、」
と、パジャマのまんま、上にパーカーを引っ掛けて、毎度お馴染みの「野菜炒め」を作りました。

たかしが食べている間、やっぱり、放ったらかして私だけ先に寝てしまうこともできずにいて、そのまま、たかしが「んまいわぁ、ほんっまに、かあちゃんが作ったご飯は、んまいわ」と、嬉しいことを言って・・・いや、これは、たかしのイヤミか?てなことを聞きつつ、おこたに座って、食べているたかしを見ていました。

で、そのまま、ぐだぐだと、あることないことをお互い話していたら、いつしか、丑三つ時も過ぎ、もう「何を言うても、笑ってしまう時間」になってしまいました。

いつもなら、食べたら「ごっそさん」と言い、台所にお茶碗とお皿を持って行って、お湯に浸けて、もうあっちに行ってしまうのですが、起きたのも遅いし、それからキャベツを半分、ピーマンを4つ、それと豚コマの野菜炒めと、ご飯をお茶碗にいっぱいの晩ご飯というか、もう夜食を食べたので、たかしの目はぱっちりと覚めてしまいました。

私は、寝たい。

パジャマも着ている。

ちゃんと、腹巻もしている。

最近は、引力に勝てないので、密かに「寝ている時のブラ」も、している。

それに、むくみ防止のソックスまで履いてるし。

この、パーカーさえ脱いだら、あの、ベットの上のお布団に入りさえすれば。

いつもは、なーんにも話さなくなったのに、こんな時に限って、たかしは饒舌。

私も、たかしと、こんなに普通に、別になんでもない話をするのは、本当に久し振りなので、まぁ、嬉しい。

眠剤まで飲んでしまっているので、私は、本当に眠くなってきている。

最近、不眠気味なので、眠剤が増量されているのです。

なーんか、だらだらと2人で話していた時。

私が、自分のiMacが、Bluetoothで、キーボードとマウスを繋ぐのがどうも上手くいかないので、もういちいち設定するのが面倒になったさかいに、古いUSBで紐付きのキーボードを使こてるねん、とか、話していた時。


ふと、たかしが。

「かあちゃん、」
「ん?」

「春日が、青かったら、ブルートゥースやな」

と、ぽそっと言ったのです。

私は、そのたかしの、くっだらないシャレが自分の「ツボ」にはまってしまい、ひーひー笑い転げてしまいました。

寝る前に、たったひとつ忘れていた、喘息の吸入。

これをしなかったせいで、私は大声で笑う時間ではないので「忍笑い」をしようとすればするほど、喉から「ひゅ〜ひゅ〜」と言ってきました。

「かあちゃん、どしてん」
「ちゃうねん、ちゃうねん、」と言いつつ、喉からは「ひゅ〜ひゅ〜」という声が漏れるのです。

「どうもないか? また、喘息か? 吸入、してへんの?」
「まだ(ひゅ〜)して(ひゅ〜)へん(ひゅ〜)ねん(ひゅ〜)」

たかしが、真面目な顔になって、心配して背中をさすってくれています。

「どうもないか?」
「うん、うん、」と言いつつ、まだ、ひゅ〜ひゅ〜と言っています。

「ほなかかいない」
「え?」
「ほやさははい、ほなかかしない」
「どしたん、かあちゃん」
「ほやさははい、」

もう、お腹が痛くなってきています。

「ひゅ〜、ひゅ〜」と、まだ言います。

自分でも、もう抑えられないのです。

そんなに面白くないのに。

と、いうか、ぜっんぜん、面白くないのに。

なんでこんなに笑ってしまうのか。

ちょっと悔しい。

でも笑いが止まらないのです。

そのうち、涙が出てきました。

たかしが、ぽそっと呟いたシャレのくだらなさと、時間が、私をこんなにも笑わすのです。

お腹が痛いくらい笑うことなんて、本当に久し振りです。

心配して、私の背中をさすってくれていた、たかしまでもが、私につられて笑い出しました。

しかし、時間が。

もう、某公営放送が、国旗をひらひらと翻し出すような時間です。


2人で暮らしだして、11年。

母子で、お腹を抱えて、2人して「忍び笑い」をして、朝を迎えました。


この日は、結局寝てないので、とってもしんどい日でしたが、不思議と機嫌よく過ごすことができた1日でした。















[PR]
by marurin373 | 2016-12-08 23:51 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)